痴呆の伯母には理解できないだろうと、伯父が亡くなったことは誰も告げていなかったそうだが、警察官や鑑識が出入りしたので、理解できないなりに察したのではないか、ということだった。

伯母の介護は伯父が中心になってやっていた。

察したらしい? 伯母は容態が急激に悪化し、伯父が最後に運ばれた病院に今日入院することに。

最初は病院に拒まれたらしいのだが、家に出入りしていた看護師さんが「このままでは危険、とても自宅療養できる状態ではない」と一報してくれたらしく、急遽入院の運びになった。

ちなみに伯父は亡くなってから一度も自宅には運ばれず、斎場の安置室で葬儀を待っている。
痴呆で体も弱い伯母に、伯父の死は耐えられないだろう、との配慮だったのだが。


やむにやまれぬ事情があり、私は29日に実家の仕事をやる予定。葬儀に出席する家族をバックアップすることになった。

★煮物の鍋、鯖、カブの酢漬け、サラダ
image


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ