婦人科との付き合いはちょっと長い。

目の見え方がチカチカするから眼科に行くことになり、病院に婦人科もあるから、あまりにもひどい生理を診てもらうべき、と埼玉子と看護師の友人に言われ、しぶしぶ予約。

「どっちを先に受けますか」

と言われ、できれば婦人科受けたくないから

「眼科を先にお願いします」


ここで糖尿が発見され、数値がかなりヤバイので明日にも入院です(血糖値400、a1c11.0)、と言われ、婦人科どころでなくなってしまい、受診時間が終りに近いためもあって、眼科の看護師さんが婦人科をキャンセルしたのだ。


あとは糖尿病が大変で自分でも受け入れるのがいっぱいいっぱいで、婦人科なんてどうでもよくなってしまった。

これを思い起こすと、婦人科の病は糖尿病とおなじくらいの長さの付き合いということになる。


それ以来ずっと放置していたが、検診を一度もうけたことがないということで、しかも相変わらずの非常識な出血っぷり、貧血の症状のせいで、諦めて受けることにした。

受診してよかった。

腰がまだ大丈夫だったときに作った晩御飯
★けんちん汁、鶏の唐揚げ、納豆、あます
唐揚げ粉ではなく、焼肉のタレで漬けたので、焼き上がりが黒い。
見た目はアレだが美味かった。
image

エリスリトール入れてみた。美味かった。
image

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ