減らした脂肪はどこへいくのか

11:24
Yahooの記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/5bf50878e06dc9531d5afa4b3eb94aeb9248d100

確かに思ったことはある。
尿から排出されるのではと、なんとなく思っていたが。

とても興味深い記事で、しかしYahooの記事は後に削除されてしまうので、ここに転載しておく。

失われた脂肪が熱量またはエネルギーに変換される(だから脂肪には“燃える”という表現が使われる)と言うけれど、豪ニューサウスウェールズ大学は、この脂肪が二酸化炭素として吐き出されることを明らかにした。

そう、私たちは体重を吐き出している。その内容をアメリカ版『Prevention』からご紹介。 この論文の共著者であるルーベン・ミアメン博士は、同大学のプレスリリースで「失われた脂肪は跡形もなく消え去ります」と説明した。

博士は失われた脂肪原子の行方を追った。すると、驚くべきことに、失われた脂肪の84%は二酸化炭素に変換されていたという。残りの16%は水になり、尿、涙、汗などの形で体から排出される。

失った脂肪を二酸化炭素として吐き出しても、環境汚染にはならない。

この情報はまだ事実というより“擬似事実”。それでも異様な感じがすることには変わりない。



まさかの呼吸から排出? 人体のしんぴ……。



コビット19前の、オタク飲み会。懐かしいなー…。
1557038183522

1557038183809

1557038184071

1557038185363

1557054652786

1557054653293

1557054653572



いつ前のように戻るだろう……。

横浜子
「秋のイベント、申し込むのやめようかと思って。……こんなんじゃ無理だよね」

ですな。


本当なのか、それともただのフェィクなのか。
富山で初めてコロナになった人が自殺したとか。


山形でも。


岩手県の最初の感染者が勤めていた会社への誹謗中傷もひどいそうですね。

この前、実父を亡くした友人が、実家の関東へ葬儀参列。
帰宅後、一週間自宅で外出自粛してました。
東京の人たちと濃厚接触したせいで、もし移されていたらと怖かったし、親族を疑う自分も嫌で大変疲弊したそうです。

で、今度は四十九日法要。
実家からは来るよう言われ、息子にも「実の父親のに、まさか行かないつもり?」と。

でも今度は東京の人たちの他に、大阪からも来るらしく、感染して、未だ感染者ゼロの地元に持ち込んだりしたら、もうここでは生きていけないから、父のことは好きだったけど出席したくないとひどく悩んでいました。

「嫌なら出なくてもいいんじゃない? こんなご時世だもん、お父さんも分かってくれるよ」

「……うん……」

結局どう決断するのかは分かりませんし、わざわざ聞きませんが。



なんか東日本大震災を思い出す。
「福島県人、福島から出てくるな、放射能が移る!」
と一部の人達に白い目で見られたり嫌がらせを受けたけど、今度はそれを自分たちが受けるようになったという皮肉。

ため息しか出ませんね。


私も本当は関東に行きたいなー。
しょっちゅう関東の友人たちと、「収まったらここに行こうよ!」「これ一緒に食べようぜ」「このお酒飲みに行ってみよー!」と話してます。本当に、しょっちゅう。

でも先が見えなくて、果てしなく長い未来のような気がする……。




 にほんブログ村  人気ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 





  • コメント( 2 )

コメント一覧

  • 1. 横浜子
  • 2020/08/11 03:45
  • [編集]
  • [削除]
  • 5 ところが申し込んだんですよわたくし。
  • 2. 佐藤
  • 2020/08/11 21:01
  • [編集]
  • [削除]
  • >>1
    なんですと!?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • パン・パン
  • パン・パン
  • パン・パン
  • パン・パン
  • 横浜子修羅場
  • 横浜子修羅場
  • こんにゃく懐石3
  • こんにゃく懐石3
  • こんにゃく懐石3
.
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ