2015、夏2

15:50
いま友達の家がある○○市にいる、とツイートしたら、フォロワーさんが
「えっ、うちの隣の駅じゃん。うちの猫に会いに来たら?」

と言われ
「ごめん…明日、従兄弟んちに移動して泊まることになってるんだ」

「どこ?」

「○○駅があるところ」

「そこもうちの隣の駅だから」

「えっ、そうなの?」


ということがあって、フォロワーさんの家に、猫に会いに数時間だけ行った。
彼は♂21歳。フォロワーさんと一緒にこの家に嫁いできたそうな。

かわいいー!!! (≧▽≦)

「えっ?」
image

「えーと……」
image

「だれ?」
image





もう高齢なせいもあって、非常に大人しい。

首を撫でたら「もっともっと」と顎を伸ばして触らせてくれた。

フォロワーさん
「はい、抱っこ」
「えっ、いいの?」


「もっと上手に抱いてくんないかな」
image


ふわあああ! かわいいいいいい!  このぽふっとした手!!
image


「顔近づけないで」
712c2085

毛だらけになったが幸せだった。猫に多い腎臓の病気にもなってないし、まだまだ長生きしてくれ!


猫と遊んだあと、マグロを食べに行く。
味噌汁飲み放題で1000円。
image
新鮮マグロは美味しかった。


従兄弟の家に戻り、だらだらしたあと、一路横浜へ。

従兄弟が駅まで送ってくれて、しかもホームまで送ってくれて、しかもグリーン車のところに連れて行ってくれた。

佐藤
「……ここグリーン車のりばじゃないかい?」

従兄弟
「うん、グリーン席を取ったから」

佐藤
「えっ」

一緒に乗り込み、佐藤を席に案内してくれる。

従兄弟
「はい、ここね。支払いは済んでるから、のんびり気をつけてね」


えええええええええええええええええええええ!?


生まれて初めて乗る、グリーン車。
image


ありがとう従兄弟。(´;ω;`)ウッ…

鼻の下が伸びまくる猫好きとか、ブログに書いてごめんね。

まあ事実だけどな。



とても快適に、のんびり横浜まで行けた。とてもリラックスできた。
本当にありがとう。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

2015年、夏1

22:46
夏コミに参加するため、12日~上京。

ガンと戦うことになった友人んちに一泊させてもらい、いろいろ話した。


「普通、ガン完治は5年っていうけど、やっぱり5年間監視するのかい?」

「いや、私的には2年って思ってる。変わったガンだし、発見早かったし。ガン転移の検査は毎年することになるとは思うけど」

「今は月一回病院に通ってるの?」

「うん。看護師って職業欄に書いたせいか、先生も看護師さんも治療や薬の説明をしないで専門用語で話してくるんだよね。おかげでネットで検索しなくちゃいけなくて大変(笑) 『いや分かんないですから』って言っても、もう『同業者』っていう刷り込みがあるみたいで、毎回専門用語でフレンドリーに説明してくるんだよ(笑)」

友人のガンは子宮関係のガンだが珍しいものらしく、抗癌剤などが効かないそうだ。放射線もあまり効果ないって言ってたような。

リンパ節も摘出したため、ずーっと同じ姿勢でいると腹部にリンパ液が溜まってしまうらしい。
やんごとない事情で車で七時間運転をすることになった先月、腹部がむくんだ状態になって大変だったとか。

「どうやって解消するの? 腹水を取るみたいに処置するのかい?」

「いや、きついガードルみたいなのを履いて解消した」

「へえ、良かったね。じゃあこれからもそうやって解消するのかい?」

「いやあ、いまはいいだろうけどそのうちそれでは解消できなくなる時がくると思う。そう何度も通用しないと思う」

「そっか(´・ω・`)」

「相変わらず、ガン患者っていう意識は希薄だな~。自覚は出てきたけど。無事に仕事復帰できたし、薬を服用することもないし、ピンとこない感じ」


いつも忙しくて地元に帰ってきてもゆっくり話が出来なかったのだが、この日はじっくり話し、二人で

「お互いこれからも闘病頑張ろうね(  ̄∀ ̄)人( ̄∀ ̄ )」

と励ましあった。


翌日、「山下清展」へ。

実は詳しく知らなかった、彼の人生。はり絵が有名だが、油絵もあったりして、素晴らしかった。
あと花の絵と切り絵が、他の絵とは違ってて、こういう写実的な絵も作る人だったんだな、と思った。
image


その後、映画ジュラシック・ワールドへ。
4dxで観たかったが観れず、じゃあ3Dで、とチケットを求めたが完売してて、普通の映画で観た。
字幕は上映時間が合わず、吹き替えで観た。
CD61mabVAAAsaA7

さすがスピルバーグ監督。ジュラシックシリーズは全部観てるけど、とっても面白かったです。

普通の2Dで観てよかったかも。観てて飛び上がったシーンがあった。隣の人も飛び上がって、ポップコーンをばらまいてしまったようだ。

うーむ、3Dだったら怖かっただろうな。しかし4dxで観てみたかった。
まあ値段が高いけどね。
1800円+1200円

今度4dxの観たい映画があったら水曜日に――しかし関東に行かねばないという。


映画を観たあと、従兄弟と合流する。
友人、従兄弟、佐藤の三人で飲みに行く。

「あっっっ!!! 猫っっ!!!」

居酒屋の前に、猫が鎮座していた。
image
従兄弟がウキウキと触る。
大人しく触らせてくれた。

病気持ち三人でall350円という居酒屋に入って元気に飲み食いし、二次会というには微妙な時間だけどなんとなくこのまま別れがたくて、二軒目にデニーズに入った。

パンケーキを食うにはお腹いっぱい、でも食いたい、ということで、佐藤と従兄弟、パンケーキを半分こ。(←仲良し)
image


友人と別れ、従兄弟んちへ。今日は従兄弟んち一泊。

男一人暮らしなのだが、


image


image


image

玄関にも猫カレンダー、猫マグネットなどがあった。

そして引っ越したばかりなのだが、猫がよく遊びに来るという(←1階住み)

嬉々として遊びに来る猫たちの写真の数々を見せてくれる従兄弟。
前はカメラを構えると逃げられたのだが、今では逃げないで写真を撮らせてくれるという。

女性の扱いが天才的に上手いと巷で有名で、ただのサラリーマンなのに「○○氏の女性を落とすテクニック特集」みたいな感じで雑誌の取材も受けたことがある、スタイリッシュ従兄弟♂


鼻の下が伸びまくる、猫好き。
 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

よくなってきた

22:09
ううーむ、薬って本当にすげえ。

あれほど腫れてあれほど痛かったのに、痛みは引き、腫れも引いてきた。

喉の方はまだ腫れてるような違和感があるが、歯茎の方は歯が埋まるほど腫れていたのに、それが落ち着いてきて、腫れていた皺寄せか、まさに表面がシワシワ寄っている。急激に腫れが引いたせいなのか、それとも歯茎の表面が伸びるくらい、そんだけ派手に腫れていたのか。

ホントにシワシワで、ちょっとおもしろい。

そして糖尿病が発覚してから痩せたおかけで、自分の腹と胸に寄っているシワを思い出して、ちょっと複雑な気持ちになった。

抗生物質のおかげで、お通じも絶好調だ。

問題は腫れの元になった、奥歯。
今度こそ抜かねばならないかもしれぬ。もうグラグラだし。


佐藤はストレスから歯ぎしりをしてしまう。ぐぐっと噛みしめるタイプの歯ぎしりを。ぎりぎりする歯ぎしりもたまにするが。

で、どうしてもこの奥の歯を集中して傷めてしまうようだ、と先生に言われた。

先生
「僕もよくやるんですがね。これはストレスが原因というか、脳が原因なので、ある意味不治の病です」

また不治の病ですか。意外と身近に、不治の病多いな。

マウスピースで治るわけではなく、負担を軽減できる程度、と言われ作らないでここまできた。最近は口をぱっかり開けてヨダレを垂らしながら寝ているくらいなので、血糖値が安定してきたから歯を食いしばったりしなくなったのかな、なんて思っていたが、またまた最近は顎が疲れるくらい歯を食いしばっているようだ。

朝起きたら顎関節が疲労で痛いので分かる。触ってみるとかなり凝ってるし、押すと痛い。

でも出来れば、抜かないで残せたらいいなあ……。



北海道子が送ってきてくれた、パン。
「ようかんデニッシュ……!?」
image
驚く事なかれ、なんと上にコーティングされているのはチョコではなく、ようかん。

カロリーも驚くような数値だった。これ一個で普通の食事一食分くらい。

母と半分こして食べたが、あまりよく分からず(←ようかん嫌苦手)
しかし母は美味しい美味しいと、えらい喜んで食べていた(←ようかん大好き)

ようかん嫌いな佐藤にも食べれて、しかも嫌な感じはまったくしなかったので、きっとこれは凄く美味しいに違いない。

味があんまりよく分からなかったのは、佐藤が人生でようかんを殆ど食ったことがないからだろう。


★豚トロ、ナス煮浸し、じゃがいもとズッキーニの炒めもの、大根サラダ、納豆
image

ごま油をまぶしてレンジでチンしたナス
  ↓
ポン酢&水&しょうが汁に漬ける

激しく簡単
image

こんなちっちゃい納豆も世の中にはあるのね。
image

実は豚トロ、初めて買って作った。
豚トロ→居酒屋で食べるもの、と思っていたから。
image
こんなに美味いのか。また買ってこよう。

★鶏肉チーズ焼き、温野菜、ナス煮浸し、厚焼き玉子、コンソメスープ
image

温野菜を煮た汁でコンソメスープ。きくらげ、人参、インゲンで。優しい味わい。
image

北海道子がコストコで買ってきて佐藤にプレゼントしてくれた、目を疑う巨大チーズで作った。
このチーズ、まじ美味い。
image



いま、少年Aの絶歌を読み始めました。
買うのは嫌だったので、借りて。

そして借りたものの読むつもりがなかったのですが、大阪の事件があって、ふと常人には理解できない残酷なことをする犯罪者の心理を、その犯罪者の口から聞いてみたくなって。

まだ読み始めてから17ページくらいですが、逮捕された当初から言われていたとおり(声明文の文章が巧みだった為に、当初は大人が書いたと推測されていた)、彼は文章を書くのが上手いですね。

「油ぎった皿に落ちる一滴の洗剤のように」

とか。殻をかぶることで自分を守ってきた自己防御テクニックのことを

「僕はカタツムリになり損ねた、自分を守る殻を持たないナメクジだった」
(拘置所独房に入れられ24時間体制で監視されていた時)

とか。
他にも感心する表現などがあるのですが、障りがあるから。

いわゆる「エッセイ」なのだから、当然自分視点で自分語りなのですが、これは遺族はつらいだろう。
自分は最後まで少年Aのままなのに対し、被害者だけは実名で表記しているし。

最後まで読むかどうか、悩み中です。


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

免疫が弱ったのか

20:49
こんにちは。佐藤です。

体調崩しました。

ううむ、夏コミの暑さ恐るべし。
地元の暑さに比べればなんてことなかったのですが、あの人混みにやられたか。

なんとか改善できないか寝ていたのですが、起きたら口の中がひどい状態になっていたので、今日病院に行って痛み止めと抗生物質とイソジンをもらってきました。


歯茎と喉が腫れあがって、パンパンになってます。微熱はないけど、いつもよりちょっと体温高め。

歯科医先生
「うーん、これは……二、三日はこのままかも。腫れが引くには結構掛かると思います」

イソジンは濃い目にしてうがいするように、痛み止めは痛くなくても鎮静の役目があるから飲むように、糖尿病の薬に影響がない抗生物質だから安心して飲むように、この抗生剤を飲むとお腹を壊すかもしれません(←つまり腸内細菌を殺しちゃうかもしれないくらい強めの薬)

とお医者さんと薬剤師さんにいわれてきました。

なーに、いま便秘気味だったから、ちょうどいい。



モノ食えなくてつらい。
食ったけど。

みなさんも体調管理にはお気をつけください。
夏の疲れがどっと出てくる季節ですよ。

★カレーうどん、ごま豆腐、おしんこ、大根味噌
image


ちゃんと噛めないから、せめて消化がいいように、急遽うどん。
うどんの量が少ないので、カロリーを取れるようにカレーに。

おしんこを食うの大変かなと思ったけど、自家製のおしんこのせいか、柔らかくてそうでもなかった。
歯ごたえのあるものを少し食いたかったのだ。

うどんはコタコタに煮まくって柔くしたけど、ちょっと食うのがつらかった。

早く効くといいな、抗生剤。

痛み止めは、さすが病院の薬、市販の薬とは比べようもないほどよく効き、痛みが全くなくなりました。喉が腫れてつっかえているような感覚はなくならないけど。

5:30終了の歯科医に五分前に電話し、予約してないのに5:28に駆け込み薬を処方してもらった。(←医師が中学時代の顔見知りの先輩)

ゴメンネ、先輩。ありがとう。あの悶絶するような痛みがないだけで天国です。
薬は偉大だ。本当に偉大だ。この時代に生まれて良かった。

ちなみにしばらく患部は歯を磨いては駄目だと言われた。Oh no…。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

先生に質問

09:47
数値もha1cも、だいたい安定してきた。

春の小川先生
「水分ちゃんと取ってる?」

佐藤
「はい」

先生
「いっぱい取ってる?」

佐藤
「いっぱい取ってます」

先生
「前も言ったけど、水分を必要とする薬を飲んでいるので、たくさん取ってくださいね。暑いし(←地元は酷暑で有名)。――何か質問とかあります?」

佐藤
「先生、あの」

春の小川先生
「ん?」
スコスコスコスコ(水銀血圧測定中)

佐藤
「献血なんですが」

先生
「点滴?」

言ってねえよ。

佐藤
「献血です」

先生
「ああ、献血」

佐藤
「あのっ、数値も安定してきたし、献血しても、い――」

先生
「駄目です」



(´;ω;`)ウッ…



薬のせいなのだろうか? 400ccどころか普通の献血も出来ない体になってしまった…。



よく400cc献血に行くと「献血できるのは健康な証拠」と言われたのだが。
いまは血糖値も調べてくれるとか。

佐藤、副鼻腔炎をこじらせて抗生物質をかなり長く飲んでいて、そのせいでずっと献血できなかったのだ。
副鼻腔炎が異常なほど治らなかったのも、今思うと糖尿病のせいだったようだ。

数値が安定している今、副鼻腔炎なんて全然だしな。

抗生物質を飲まず献血できてたら、もっと早く糖尿病が見つかったかなあ。



いろいろ過去を振り返る、糖尿病患者サトウ。


これもある意味、ニラ玉。
ゆで卵が余っていたので、急遽この形に。腹に入れば同じだろう。
image


★肉豆腐、ニラ玉、サラダ、味噌汁
しじみみそ汁
image


★キーマカレー、ナス&トマトのマリネ、はんべんチーズ焼き、付け合せ
付け合せ→二色団子、きゅうりの塩もみ、ゴボウ巻き1/2、にんじん、こんにゃく
image

佐藤のよく出来た妹が作っておすそ分けしてくれた、キーマカレー。
うまい。
image

はんべんをグラタン風にチーズ焼き
image


★焼き魚、ソーセージ炒め、コンソメ野菜ゼリー、サラダ
image

ジュレ、面倒なので、もうこのままゼリー寄せに。
image


★スパニッシュオムレツ、カブリースト、カボチャ煮、サラダ
image

スパニッシュオムレツは、じゃがいもをレンジでチンしてから。
小さいフライパンで作って、残りは明日にまわす。
image


★鳥ムネ肉のクリーム煮、スパニッシュオムレツ、カボチャサラダ
image

鳥はそぎ切り。クリームは豆乳。
image
これワンプレートでできていいな~。


ところで12日から上京してきます。
夏コミは15日なんですがね。

癌と戦っている友達の家に泊まってのんびり語り明かし、脚を手術した従兄弟んちに泊まってのんびり語り明かし、それから夏コミに行こうかな、と。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 


ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ