網膜裂孔防止治療2

16:42
外面はいいが基本的に人見知りだし、親しくない人と話すのが苦手なので、しどろもどろになりながら先生に聞いてみる。

先生
「良いですね、レーザーをした部分、ちゃんとくっついているようです。でももし異常があった場合は、次の診察を待たずに、すぐに病院にきてください」

この前と同じこと言われた。

よし、聞くならいまだ。


佐藤
「ああああの、それなんですけど」

先生
「それ?」

佐藤
「異常があったら病院にすぐ、って。どういうのが異常なのか、分からなくて。で、ネットで調べてみたんですけど、要領を得なくてですね…」

と、要領を得ない話をする。(←本番に弱い)

・痛みはない
・自覚症状がない
・飛蚊症がひどくなる
・眩しく感じる時がある

これもう全部今現在「なう」なので、網膜剥離の初期症状って言われても分からない、と。

あまりの説明のグダグダっぷりに先生は「ふっ」とちょっと笑いつつ、教えてくれた。

佐藤
「一番わかりやすいのは飛蚊症みたいですけど、物心ついた頃(幼稚園)から飛蚊症ですし、でも網膜症だって言われてからの飛蚊症は、黒いんですが。あっ、前の飛蚊症は半透明でしたけど。あの、右目の裂け目は、左下部分にあるんですよね?」

先生
「いえ、右目の裂け目は上にあります」

Σ(゚д゚;)

先生
「目は、鏡なんです。上部に見えるようになった黒いゴミは、目の下部に沈殿した、出血した血液ですね。それが鏡に映し出されて上に見えるんです。網膜剥離の初期症状としては、カーテンが落ちるようになってきたりします」

「カーテン?」

「そう、上からカーテンが降りてきたように。人によって違いますけど、夜になったみたいに暗くなるとか、上からカーテンが落ちてきたみたいに視界が狭くなったりとか、黒い部分が見えるようになったりとか。普通はなかなか気づきにくいかもしれないですけど、視界が狭くなっていたら、それが兆候です」

あー、これ緑内障を自分でチェック出来る方法、みたいなのでテレビで観たことあるわ。
片目に異常があって黒い部分があちこちにあるのに、大丈夫なもう片方の目が、この見えない部分を補ってしまうために、視界が欠けていることに気づかない、って。

なので時々佐藤は片目を閉じて片目ずつちゃんと世界が見えているか、黒く欠けている部分がないか、チェックしたりしている。

なんだ、じゃあ今まで通り、この片目チェックをすればいいのか。


そういうわけで、人によって感じ方が違ったりするが、基本的には視界が狭くなる、と。カーテンが視界の上から降りてきたみたいになる、と。(もしくは下から)

視界の中に黒い部分が増えたり、片目だけ薄暗くなったりしたら、すぐ病院に走る、と。

時々片目ずつチェックするといい、と(←これは佐藤案)


同時にもう一つ、あんまり嬉しくないことに気づいた。

眼底出血すると、いつかは硝子体の中が、皮下出血みたいに消えてなくなる、と思っていたが、硝子体の中は一旦出血したりすると血が沈殿してまた視界が澄んだりするが、消えてなくなるわけではない、ということに。

相変わらず右目はちゃんと見えているものの、すこ~し見づらいもんな。血は散らないのか。吸収されて無くなったりしないのか……。
綺麗にするには、やはり手術でろ過して血を取り除く? アレしかないのか……。


いや、佐藤はいつかきっと、硝子体の中の血も人体に吸収される日が来る……かもしんない、と希望を捨てないぜ。医療が凄く発達して、目薬一つでゴミなんかなくなる……かもしんない日が来ると自分に都合よく思うようにするぜ。


★シャケ、ゆでたまご、ポトフ、大根サラダ
image

ゆでたまごに、マヨネーズをちょこっと。その上にアオサをちょこっと。
豪華に見える。乾燥パセリを使わないのは、色味が悪いから。アオサのほうがキレイ。
image

★野菜グラタン、ハンペン、サラダ、パン
野菜グラタン→ブロッコリー、たまねぎ、ズッキーニ、ナス
パンはガーリックトーストとバターロール
image

★エブフライ、筑前煮、トロロまぐろ、サラダ、コーヒーゼリー
image

コーヒーゼリー。市販の一個を、半分にして。少量でも十分に満足できる。夕飯に食ったという満足感が幸せを生む(*´∀`*)
image

若いころ、こういうの嫌いだったのだが、今は大好きだ。歯ごたえがあるし、食った気になるし。
image

★ハンペン、野菜炒め、ハムチーズ、サラダ
他にもあったと思うけど、全体像をUPしたと勘違いし、削除してしまった( ̄▽ ̄;)
image

今流行りの、カロリー的に人間を駄目にするというカマンベールチーズベーコン巻きを食ってみたくて、ベビーチーズとハムで作ってみた。
これは美味い。本当に美味い。酒を飲みたくなるな。際限なく食べて際限なく飲めそうだ。
なるほど、これは人間を駄目にする。カロリー的に。
image


会社の先輩が、料理教室で習ったというのを習った。
ちくわを半分にし、そこに粉をまぶして合い挽き肉を詰め、また全体に粉をまぶして油で揚げ、その後甘辛く炒める。
食べさせてもらったものはえらい美味かった。

それをアレンジして、鶏胸肉のひき肉を詰め、油で揚げて、減塩醤油とエリスリトールで炒め、ごまを振った。
これでもかと揚げたあと油をキッチンペーパーで吸いとったので、パッサパサになった。味に支障が出るくらい、パッサパサになった。

誰かが言った。油も調味料の一つだと。味の一つだと。
なるほど、まさにそのとおりだな、と身を持って知った一品だった。
image


★ちらし寿司、ちくわ肉詰め甘辛いため、茶碗蒸し、サラダ
image


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

網膜裂孔防止治療1

15:59
網膜裂孔だと言われて光凝固(レーザー)治療をした佐藤。

先生に
「じゃあ次は一ヶ月後で。レーザーで裂け目の周囲をぐるりとくっつけましたが、まれに剥がれて裂け目が広がって破ける場合があるので、そうなってないか、ちゃんとくっついているか、広がってないか検査しますね。でももしその前に異常があった場合は、次の診察を待たずに、すぐに病院にきてください」



調べてみた。

網膜裂孔から網膜剥離になり、失明する、と。

じゃあ先生が言う『異常があったら』の『異常』とはどんな症状だろうか?



先生が警戒しろと言っているのは、網膜剥離だから、網膜剥離の初期症状があったら、という意味なのだろう、『異常』って。

じゃあその網膜剥離の初期症状ってどんなのなんだろう? と検索してみる。


・痛みはない
・自覚症状がない
・飛蚊症がひどくなる
・眩しく感じる時がある


工エエェェ(´д`)ェェエエ工!?

全部すでにいまある症状やないですか。飛蚊症は酷いし眩しく感じるときはあるし。

どうすりゃいいのだ。初期症状わからないんですが。

異常があったらすぐに病院、ということは、早く来ないとヤバイ、ということなんじゃないか。網膜剥離の初期症状に気づかなかったら手遅れで失明するんじゃないか。

そして「予約なんて関係なく異常があったらその日のうちにきてください」ということは、異常があったら一刻を争うのではないか。

出来るだけ医師に質問とかしたくないんだが……これは先生に聞かなきゃダメか、ということで、次の検診のとき、聞いてみた。



★肉じゃが、おしんこ、付け合せ、スープ豆腐サラダ
image


★鶏肉漬け焼き、煮物、付け合せ、サラダ
主食はオートミールで。
image

焼肉のタレに着けた。
image

★豚肩肉すき焼き風味、付け合せ1、付け合せ2、大根サラダ
カップの中味は番茶。
image

★さんまサルサソース風、付け合せ1、付け合せ2、大根サラダ
image。

★シューマイ、ウィンナーソーセージ、サラダ、揚げ出し豆腐
揚げ出し豆腐はいつものように油で揚げずにフライパンで焼く。
フライパンの蓋をして焼くと、片栗粉が蒸気を吸収して揚げ出しっぽくなる
image

★エビチリ、サラダ、カブとしめじのバルサミコソース炒め、大根炒め
image

大根炒めはちょっと甘辛く味付けしてもいいし、醤油とだしの素だけでもいいし、醤油と味の素だけでもいい。どれもイケる。
image

カブ。煮てトロトロにするのもいいけど、たまには焼くのもいいかなーと。
image

エビチリ。いちおう油で揚げたのだが、その後これでもかと油をキッチンペーパーで吸いとったので、パサパサ感はいなめない。
image


食事の写真が溜まりすぎて、もうどれがどれやら。
これ、前にupしたような気が…しないでもないが。upした写真は削除して被らないようにしてるつもりだが、たまーに削除を忘れて、被っているのに気づかずにupし直す時がある。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

歩くとき

22:52
テレビでやってた「認知症」

糖尿病患者は認知症になるリスクが健常者の二倍以上だとか。

怖い。


で、それを防ぐため、ウォーキング。
ウォーキングは早く歩けばいいというものではなく、大股で歩かなければならないらしい。

小股でせかせか歩くのは誰でも出来るが、大股で歩くには太腿の筋肉がなければできないのだそうだ。

太腿の筋肉が衰えないと、痴呆症にもなりにくい。
太腿は体の中で一番筋肉が集まっている。痩せるために筋肉をつけるときも、まずは手っ取り早く太腿の筋肉を鍛えるといいらしい。

なるほど、そうなのか。

佐藤は身長がちょっと高めなので、更に大きい歩幅で歩かないといかんな。




そんなことを考えながらいつも散歩をしているのだが、相変わらず痩せない。散歩コースを変え、1km増やしたのだが。そして疲れが溜まっているせいなのか、散歩が終わる頃はスタミナ切れで足がちょっとぷるぷるする。

昨夜、どう見ても佐藤より二十歳は年上のおばさまに、邪魔とばかりにぐいぐい後ろから抜かれた。

いくら大股で歩いていても、ゆっくりすぎてはダメな気がする……(←トロい)

なぜ私は歩くのが遅いのか。太腿が鍛えられていないから?

HAHAHA ,そんな馬鹿な。運動きっちりやってますぜ、結構やってますぜ、入院前の佐藤とは違いますぜ、と信号待ちの間に脚の屈伸運動をして、調子に乗って「ほ~ら、片足屈伸だって出来ますぜ」とやったら、後ろにひっくり返った。


同じく信号待ちをしていた車に、ばっちり見られたことだろう。なにやってんだ、と思われたことだろう。


★野菜としめじのコンソメ豆乳煮、えびシューマイ、厚焼き玉子、サラダ
image

秋っぽく、栗ごはん。
image

飾るもみじも紅葉し始めた。
image


★ホッケ焼酎漬け、野菜巾着、小松菜、お新香、サラダ
image

巾着の中味は冷蔵庫に残っていたやつを適当に詰めた。
まとめて作ったので、明日の晩ごはんもコレだ。
image


で、翌日の晩ごはん
★野菜巾着、厚焼き玉子、れんこん&ひき肉の味噌煮、サラダ
image

れんこん、半額だったので買ってきたら、なんじゃこりゃー!! なくらい悪くなっていて、2/3ほど使えず捨てた。
安かろう高かろう、とはこのことか。

「もう二度と生れんこん買わん! 水煮か冷凍モノしか買わん!
とレンコンはさみ焼きを作る予定だったのを急遽変更し、味噌煮に。
そしたら美味かった。めっちゃ美味かった。佐藤天才なんじゃね? と自画自賛したくなるほど美味かった。
味付けは適当にしたので覚えてないが、確かエリスリトールで甘めにした。かつおだしも入れたような気がする。
image
しかし残念、色味が悪いな。インゲンが綺麗だったのに、温めなおしたせいで鮮やかな青味が失われてしまった。
次からは別茹でにして最後に乗せよう。

★スパゲティトリュフソース、付け合せ、サラダ
スパゲティは冷凍。忙しくて作るヒマがなかったから。
付け合せ→ウインナー2本、厚焼き玉子、紫唐辛子2本。
image


★大根と豚バラ煮、あまから里芋の胡麻和え、子持ちめかぶ、サラダ
image

安く手に入ったので、なにか生里芋を活かせる料理はないか、と検索して作ってみたのだが、イマイチだった。
image

大根と豚バラ煮、これは最高に美味かったです。オススメ。
image
レシピはこちら
こっくり美味しい豚バラ大根
醤油は減塩醤油、ごま油は少なめで。

こちらは佐藤の優秀な妹が作った、ピーマンとえのきと糸コンの煮炒め。どうやって作ったんだろう。美味かった。
image


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

シルバーウィーク5

21:25
植え込みに突っ込むこと二回。

そして自転車もろともすっ転ぶこと一回。

違うんだ、前を走っていた人を追い抜こうとしたらいきなり方向転換されて、避けられなくて植え込みに突っ込んだんだ。

二回目も、前を走っていた人を追い抜こうとし(略


いくら久々とはいえ、こんなに衰えていたとは。昨日の丘登りでもともと太腿が痛かったとはいえ、これほど走れないとは。

そして一番最後、レンタルした自転車を返すため、自転車から降りて片足を着こうとしたら(←オバサン降り)、ブレーキをかけたことによってバランスを崩し、ものの見事に転んだのであった。

埼玉子
「ちょっ、佐藤、大丈夫!?」

一番最後に自転車もろともすっ転んだのは、どう考えても佐藤の衰えきった運動神経のせいです。本当にありがとうございました。


でっ、でもそんなに運痴じゃないよ、学生時代は剣道やってたし個人戦で準優勝したことあるし、社会人になってからはバレーやったし、バスケやったし(←必死)


自転車もろともすっ転べば、さすがに無事とはいかず、太腿に痣、そして肘を擦りむいた。

膝を擦りむくことはこの歳になっても多々あるが(こないだも散歩中に植え込みに突っ込んだし)、さすがに肘を擦りむくことはなかった。中学生以来か。恥ずちぃ。


埼玉子息子くん
「さとうちゃん、ここ、どうしたの?」

そっとしといて(´;ω;`)ウッ…

息子くん
「いたい?」

天使かな



さて、森林公園を出ようかね。

息子くん
「さとうちゃん、あそこでかけっこしようか」
image

埼玉子、埼玉子旦那さん
「ダメだよ。佐藤ちゃんは脚が痛いんだから」

佐藤
「息子くんといっぱい遊べなかったもんね。よし、佐藤ちゃん頑張っちゃうぞー!」

息子くん
「さとうちゃんがおにね」

小さい子供らしい声で、きゃあきゃあと声を上げて走って逃げまわる息子くん。


まじ天使



夜は家の前でバーベキュー。
image

初めてのバーベキューらしく、テンション高くはりきる息子くん。

埼玉子
「これもってって」

息子くん
「はい!」

佐藤
「息子くん、これもお願いします」

息子くん
「はい!」

網の上にある不思議な板は、岩塩プレート。
image




なんだこりゃうまーい!!!
image

カルビ
image
ウッウッうまうま!!

ステーキ
image
うまあああああああいよぉぉぉぉぉぉ!

買い物から帰ってきたお隣の奥さんに、
「こんばんわ! あのね、さとうちゃんがあそびにきてね、きょうバーベキューなの!」
と説明する息子くん。かわいい。

はしゃぎ疲れたのか、シートの上で毛布にくるまりながら寝る。星空を見ながら寝るとか素敵だな。

大人は肉をうまいうまいと食いながら、ビールを飲み、ビールをお替わりし、ワインを飲んだ。




翌朝、息子くんとドーナツ屋さんごっこ。
image


片道一時間半は最低でもかかる駅までの道のりを、家族総出で送ってくれる埼玉子一家。
ありがとうありがとう(´;ω;`)

ちょっと時間があるから、カラオケに行こうか、ということで一時間だけカラオケに行った。
セカオワを歌う息子くん。えっ、なにこれすげえ!
image


そういえば息子くんはまだ言葉も片言だった時から、マクロスFの「ノーザンクロス」が好きだったことを思い出す。

「佐藤と一緒にノーザンクロス歌ってみようよ」

「でも、ちゃんとうたえない……」

「大丈夫、佐藤と一緒だから歌えなくても。ね」

「うん」
b8303c76


とても五歳とは思えない声量と安定した音程で、しかも漢字が読めないから、ふりがなを読んでノーザンクロスをばっちり歌う幼稚園児。

ここまで歌えるとは知らなかったらしく、パパ、ママ、目が点。
佐藤も目が点だぜ……。

天才かな

ちなみに知らない方のために↓ノーザンクロス。
歌詞を見るとどれだけ難しいか分かります。



とっても楽しいシルバーウィークだった。

現実という名の月曜日に戻りたくないでござる。(←シルバーウィークの感想)




ところで話はまるっと変わりますが、今日はあの日ですね! 2015年10月21日、バック・トゥ・ザ・フューチャーでマイケル・J・フォックスが未来に来た日。

感無量。

マイケル・J・フォックス、大好きだった。
今も元気なようで、すっごく嬉しいです。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

閑話休題

23:24
週末、北海道子と遊んできました。

都会の人はホント、よく歩きますな。ケロリとしている埼玉子、横浜子に比べ、筋肉痛とかにはならないものの、ヘトヘトです。

都会人は糖尿病少ないのではないのだろうか。
田舎者ほど、歩かない。車を使うような気がする。


ところで前にこの記事で書いた、電気毛布を頭から被って熱中症で入院した伯母が、明日やっと病院を退院します。(←まだ入院してた)

お嫁さんからの手からご飯を食べたくないと口を開けなかったり、ひどい乾燥のせいで口の中が切れたのに治療を拒んだりと(誤嚥で肺炎になったりしてたため、水制限をしていた)、相変わらずなので、ちょっと従兄弟夫婦が心配。

それと自宅でのリハビリ、頑張れるだろうか?

心配だらけです。せめて素直になってくれるといいな。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 
ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ