病院です

14:44
血圧122~82

コルステロール値が下がった。薬のおかげで。

a1cは今日は計らなかったのか。
image

ちょっといま目が見えないので、写真にフィルターをかけたものの、確認できず、見づらいかも。

血糖値が低いのは、お昼を食べる暇がなかったから。採血後、食べた。

コンビニに行ったわけだが、13時半だったせいか、棚が空っぽ。おむすび、パンすらなく、唯一ぽつんと残っていた牛丼を買って食った。

糖尿病診察に来て、診察前に牛丼を病院で食う糖尿病患者……。


次は眼科。
測定では眼圧はまあまあ範囲内。
視力は少し良くなった。

順調ですよ、と言われますように

明日目医者

21:31
明日病院だ。
目医者と、糖尿病外来と。

少しでも歩いておこうと思ったのに、今夜は雨。歩き始めて三分で帰ってきた。


いただいたコメントで、同じ時期に眼底出血して同じような状態の方が、一ヶ月経っても眼の濁りが変わらず、
「手術することになりました。目の上からヴェールのような茶色いものがユラユラしてるのですが、それは残ってしまうらしいです。吸収されないものもあるって後から知りました」
って……。

まんま、今の佐藤やん。

視力は0.02から少し回復してきたものの(自分でも自覚するくらいには)、いまだ濁って砂嵐みたいだし、目の上で黒いのが絶えずユラユラ揺れているし。

これ吸収されないのか。

私も「佐藤さん、手術をしましょう」とか言われたりして。
いやだ病院行きたくねえ。

まあ行くけど。

目の手術だけは嫌だ。避けたい。
実は佐藤、「目」にトラウマが。
なんでトラウマなのか、あまりいい表現じゃないので、反転
平気な人だけどうぞ↓ 
むかし見たアニメで「目玉」に羽のついた敵が(実は『目玉』と書くのもイヤ)仕事に失敗して羽を毟られゴミ箱に捨てられ、そこには捨てられた目玉が山のようにいっぱいあって、ぴくぴくと痙攣している、というもの

子供心に夜うなされるくらいトラウマになり、それ以来、海老の目は駄目だし、カニの目は駄目だし、魚の眼も駄目だし。
というか佐藤の魚嫌い、だいたいそこから来ている。
魚の切り身はへいき。でも小魚はダメ。

最近だ、じゃことか桜えびとか食べれるようになったの。ここ1~2年くらい。

なので目の手術とか、ぞっとする。


網膜症が発覚した時、先生にされた説明。
「ざっくり言うと、取り出して洗って、綺麗になったのを戻します」

ざっくり言いすぎだ先生。恐ろしいじゃないかよ。
注射でやる、とどこかでチラリと見かけた気がするが、そしてネット社会の今、気軽に調べられるのだが、調べるのも嫌で調べてナイ。


「私経験者です、こういう手術をするんですよ」とコメントに書き込まないでやってください。豆腐メンタルな佐藤のために。


とにかく手術は避けたい。だがいずれは避けられない時が間違いなく来ると思う。

コメントレスでは励ましといて、こっちでぎゃーぎゃー言ってすんません。
ヒサシさん、手術ほんとうに頑張ってください。

今回は避けられても、きっと佐藤も将来は手術をすることになるでしょう、網膜に亀裂と穴あいてるし。



桜。きれいだ。
image

けっきょくこの桜の木、11月からずっと咲いていた。
凄いな。桜って状況によって五ヶ月も咲いてんのか。初めて知った。
image

★グレープフルーツのサラダ、ワンタン、春菊の胡麻和え
ご飯が白い。ようするに、今回も炊き忘れた。
image

佐藤が作るワンタンは、ワンタンの形をしていない。
面倒だから。
ワンタンの皮をお湯で煮て、めんつゆ、鳥ひき肉を入れた汁にそのワンタンをぶっ込み、最後にごま油を垂らすだけ。
image
非常に簡単なのでおすすめです。しかも美味い。
このレシピを思いついたきっかけ→腹に入ればみな同じ

★イカマヨネーズ焼き、煮物、サラダ
イカマヨネーズ焼き→マヨネーズと醤油を垂らして、焼く。
image
醤油を少ししか垂らさなかったせいで、ちょっと物足りなかった。減塩醤油なんだから、もう少し垂らしても良かったか。

筍、大根の煮物。春だなあ。
image
 

台湾のお友達が、お菓子を送ってきてくれた。
台湾では有名なお菓子らしい。めちゃうまい。
image

台湾は亜熱帯気候だ。だから甘さが濃いのだろう。

ちょっとずつ食べよう。

あまり知られてないが、台湾は親日国で、東日本大震災のとき、各大国をしのぎ、最も義援金を送ってくれた。

いつか恩返しがしたい。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

適した薬と適さない薬

16:08
眼底出血の診察を終え、止血剤も静脈に注射し、待合室に戻ったときに、看護師さんが心配して声を掛けてくれた。

「佐藤さん大変だったね。何か不安なこととかあったら言ってみてね」

サトウ
「あの、血圧が高いと出血しやすいと言われたんですけど」

看護師さん
「ん? 聞いたことないなー。ネットで見た?」

サトウ
「いえ、あの……(ブログで、とか言えないし)あの、知り合い、が。血圧を徹底的に下げるようにって」

看護師さん
「血圧は関係ないですよ」


だがその後、看護師さんが先生に聞いたところによると
「ごめんなさい、血圧は無関係ではなくて、低いに越したことはないそうです。佐藤さんの血圧は今正常だから無理して下げる必要はないけど、でも上がらないようにだけは気をつけてください。あと荷物を持ったりする仕事してる?」

サトウ
「してます。荷物抱えて二階に運んだり」

看護師さん
「何キロくらい?」

サトウ
「場合によりますが、うーん、重い時は10~15kgくらい?」

看護師さん
「だめだよ、安静にしてないと。仕事だって本当は休んだほうがいいんだし」

「でもそうも言ってられません。仕事は絶対に休めないし(治療費稼がないと)、荷物運びも避けられません」

看護師さん
「うん、まあそうだよね…。ちょっと待ってて、もう一回先生に聞いてくるから。あと何か聞きたいことある?」

「痛み止め、市販のを飲んでもいいでしょうか? 頭痛がひどいので」

「分かった、聞いてくるね」



聞いてきてくれた。



看護師さん
「荷物は、たとえば10kgなら半分の5kgずつ二回に分けて運ぶとかして、とにかくいきまないように気をつけてください、と。それと痛み止めですが」

「ハイ」

「バファ○ンとかは避けてください。というか、飲まないように。アスピリン系は血液をさらさらにするので、佐藤さんの今の状況には適していませんって。飲むならロキソニン系にしてくださいね、イ○とか」

えっ、そうなの?



それを友達に話した。

サトウ
「痛み止めはロキソニン系にするように言われた」

北海道子
「え、なんで?」

埼玉子
「あー、なるほど、バファリ○系は飲むなって言われたんだね」

北海道子
「え、なんでなんで?」

埼玉子(←元研究者)
「アスピリン系は血液をサラサラにするんだよ。サラサラにすることで血の巡りを良くして、頭痛を和らげるの。流産しやすい体質の妊婦さんとか、毎日飲んだりしてるって」

あー、そういや、妊婦さんが果たしてバファリンを飲んでいいのかっていう問題はあるけど、テレビで流産を繰り返す妊婦さんにとある病院がヘパリンだったかアスピリンだったかを処方して流産する確率を減らしたとかなんとか見たことあった。


補足すると、要するにアスピリンは、血小板(出血したとき血を固める働きをする)の働きを制御する薬で、血小板の働きが強すぎると血管中の血液が固まり始め、粘土が高くなるから、そんな時の抗血小板薬の代表が、アスピリンと。血栓を作りにくくするってことです。

確かに今のサトウには不向き。

血液がサラサラに越したことはないけど、眼底出血時は避けよう。

場合によって変わるだろうから、臨機応変に賢く使い分けしたいもんです。

★肉じゃが、チリビーンズスープ、大根サラダ
チリコンカン作ろうかと思ったけど、面倒くさくて萎えた。
image
サラダが器からはみ出しとる。もうちょっと写真を撮るということを意識して盛れないのか君は。

肉じゃが、すごく美味しかった。これはいいレシピ
http://cookpad.com/recipe/1519259
image

これも美味かった。トマトジュース(無塩)をアレンジして作った。
image


ところでわたくし、ちょっと遠方の女子高生とお母さん公認のライン友達(オタク)になりまして。
その女子高生のお友達から、「お土産♡」をもらいました。
image

しかも封筒に……ぬおおおおおおおおおおおおお!!!
image

ありがとうありがとうありがとう(´;ω;`)ウッ…
image
言っときますが、清い仲です。
ただの「○○ってカッコいいよね!!」「うん!!!」と萌えを共有するだけの、清い仲です。

★ふろふき大根、豚肉チーズ巻き、厚焼き玉子、煮物
image

いかなごのくぎ煮。なんでも神戸では、春を彷彿させる食べ物だとか。
「知らない」と言ったら、神戸の友人が毎年春に送ってきてくれるようになりました。

image
まじうまい。

←いかなごのくぎ煮

プロセスチーズで焼いた。味付けは塩コショウ。
image

煮物。麸の煮物、大好物です。
image

ちょっと彩が寂しかったから、可愛く花束風に。
image


★イワシの南蛮漬け、厚焼き玉子、豆乳スープ
image

イワシは佐藤の人生の中で捌くことを諦めたので、すでに処理してあるやつを買ってきて、片栗粉をまぶしてフライパンで焼く。漬けるのをすっかり忘れていたので、多めの汁を掛けた。脇にあるのは玉ねぎスライス。
image

野菜だらけの豆乳スープ。いつものように、温野菜を煮た汁で作る。
image
優しい味で、んまかった。


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

従兄弟からライン

01:09
今日、ラインが届きました。例の従兄弟から。

「こんちは。まさか入院とかしてないよね? 心配です」
と。
ブログ更新してなかったからな……。

そう思って気になっている方もいるのかな、と思い、慌てて更新してみた。

すんません…。

目は「三歩進んで二歩下がる」的な状態です。
頭を高くして寝ているのですが、肩こりは酷くなるし、そのせいで頭痛はするし。
それにわたくし、布団に潜り込むくせがあるのですよ。とくに夏場以外は。寝ている間に、布団の中にすっぽり潜ってしまうのです。
おかげで酸欠で目がさめたり、寝癖がひどかったり。

で、せっかく頭を高くして寝ているというのに、朝起きたら普通に寝てて、せっかく沈殿した血液がまた目の中心に戻ってきたり。

ぐぬぬぬ。

でも確実に視界は澄んできている……と、思います。
あれからチラチラ出血があったのでずか、いまは落ち着いているようだし。血管を強くする薬と止血剤のおかげかな? 

次の目医者は30日です。


今日の晩御飯。
ご飯をよそろうと釜を開けたら、米のままだった。
image
久々に炊き忘れた。

★ホッケ、春菊かき揚げ、サラダ、畑のお肉、卵焼き
image

知り合いから春菊を大量に貰った。五袋ですぜ…。一気に消費するために、大量のかき揚げをつくった。
そして周囲に配った。昨日は春菊鍋。あとは冷蔵庫に大量に作った春菊の胡麻和えを消費するのみ。
image
コメントで目に黒ゴマがいいと聞いたのですが、しまった、白ゴマで作っちまった。

畑のお肉。ソイミート。



食感も味付けも、何もかもが『肉』
知らない人に「実は大豆なんだよ~」と食べさせてから教えたら、びっくりするんじゃないか。
image

炊き忘れたから今夜は白いご飯。
image


そういやテレビでやっていた、オムレツの常識を覆す濃厚オムレツというものを作ってみた。
①卵白に納豆を加え、混ぜる。
②ふわふわになったらネギを加える。
③レンジでチン
ふんわりしているところに、卵黄を落とし、この卵黄を少しずつ崩しながら食べる
image

うん……私はもういいかな、作らなくても……。



ところで、コメントレス、遅くなってしまってすみませんでした。

書いてくださった方が見やすいよう、こちらにレスしました。
「続きを読む」からお願いします。
続きを読む

ストレス

21:06
眼科で、片目だけがよく見えないことで強いストレスを感じるだろう、早く視界が澄むように、頭を高くして寝るとか工夫してください、と言われた。


ストレス半端ない。

左目だけならここまでストレスを感じないだろう。片方だけすりガラスのメガネを掛けて世界を見ている感じ。

じゃあ眼帯……と思っていたら、埼玉子に
「眼帯はやめたほうがいい。この前みたいにまた見る力が弱ってくるから」
それもごもっとも。ものすごく、ごもっとも。

いまも時々、少しだけ出血する。
こんなんでいつ澄むのか。

新たな出血をしないよう、安静にしているように言われ、運動をやめていたが、もうそろそろストレス限界。
イライラするし、血糖値a1cが気になるし、なによりふくらはぎが浮腫む。

なので散歩してきた。4km。
さくさく歩かず、ゆっくりと。


外が寒かったせいか、右目が痛い。
ひりひりシクシク痛い。

目がチカチカするという、しょーもない理由で(この時はそう思っていた。こんなことで病院とか、と思っていた)受診したおかげで、糖尿病が発覚し、網膜症も発覚し、レーザー治療を受け、今に至る。

レーザー治療を受けた時点で網膜には薄く亀裂が。
そしていま、その場所に小さな穴が開いている。

あの時病院に行かなかったら、レーザー治療が半年遅れていたら、きっと網膜剥離を起こして右目は失明していただろう。


ラ、ラッキー・・・?

今日の晩御飯
★海鮮春雨、トマトと菜の花の塩バジルソース(お浸し)、豆腐あんかけ
image

酢あんかけ。
image

春キャベツ、たくさん入れた。腹減りなので。
野菜を一杯食うしか無い。春キャベツは美味しいのう。
image

★クリームパスタ、付け合せ、サラダ
image

豆乳と生クリームで作った。ナツメグ入れると非常にそれっぽくなる。
image


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ