一年間お世話になりました

23:33
年越しそば。
C1AajTdUkAQ8YvN

今日ちゃんとしたご飯を食べずに洗濯やらおせち料理やら作っていたので、晩御飯の年越しそばは豪華に。


一年間、つたないこのブログを見てくださって本当にありがとうございました。

闘病ブログを見ている人のほとんどは、同じく闘病しているかと思います。

みなさま、良いお年をお迎えください。

みなさまが健やかで心穏やかに過ごせる年でありますように。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

取り急ぎご報告

00:48
腫瘍マーカーが陰性でした。

細胞も取って調べたのですが、そちらも陰性でした。

相変わらず筋腫も卵巣を圧迫している水も大きくて、腹が時々痛い、と言ったら
「そりゃあ、こんだけ大きかったらね……」
と言われたのですが、先生としてはやっぱ手術となると摘出になってしまうので、今回めでたく腫瘍じゃないと判明したことだし
「半年でこれだけ大きくなってしまったけど、もう半年様子をみてみよう」
と。

ただ痛みが強くなったり、大きな不正出血があったりしたら、即病院。

手術から、逃れられたような、逃れられていないような…。
薬では治らないので、薬なし。

ホルモンのバランスを少しずつ修正してくれる漢方薬を一ヶ月分だけもらってきました。


筋腫の手術をした友人が、手術に踏み切ったときに言ったセリフが脳内を横切る。

「腹に爆弾を抱えてる」



今日が仕事納めだったこともあり、ストレスから一時的に開放されて、生理鬱も本格的に収まったようです。

なんかもう、当分ホルモンのこととか生理のこととか子宮のこととか考えたくねえや。


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

実は

01:34
手術どうしようどうしよう、とまだ先生にはっきり言われてもいないのに言ってますが、実はそれには理由が。

「騒いじゃってごめ~ん☆ 今日検査結果聞きに行ったら大したことなかった、だから手術もしないって。騒いじゃって恥ずかち~テヘペロ☆」

てな展開にならんかな、と願掛けみたいな。

生理鬱もかなり落ち着いてきたし、明日に備えてあほなことしてないで寝よう。

手術になるかも・3

21:24
採血室の看護師さん
「あれっ、サトウさん、どうしたの? ん? 今日も採血?」

数日前に会ったばっかりですもんね。

「あ、今日は婦人科かー。ちょうどいいタイミングだね、タオルを温めたばかりだから、ほかほか気持ちいいよー」

ほかほかのタオルを腕の下に敷かれ、採血。

看護師さん
「今日どうしたの? また貧血ひどくなった?」

サトウ
「あー…、ええと、筋腫とか生理不順とか…あと卵巣の腫れとか」

「うん」

「…手術になるかもしれません」

「あら。先生がそう言った?」

「とにかく検査結果を見るって。でも筋腫一つをとってももう手術対象になってるって。大きくなりすぎて筋腫分娩をおこしてるって」

「ありゃ。じゃあひょっとして不正出血してたりしたでしょう」

「先月あたりから」

「そうかー。はい、終わり。帰らないでちょっとそのまま十五分くらい待っててね。血液が使えるか見るから。使えなかったらもう一回採血し直しになります、ごめんねー」

「遠心分離機ですか」

Σ(゚д゚ )
「なんで知ってんの!?」

オタクだからです、とは言えず「友人に看護師がたくさんいるから」(←とりあえず本当)
でも友人と遠心分離機の話しなどしない。ひとえにオタクだから知識だけがある。

採血場所は糖尿内科の真ん前、待つ場所は当然糖尿内科の待合椅子になる。

糖尿内科の看護師さん
「あれっ、サトウさん?」

「どうも。数日ぶりです」

「採血? 別の科かい? どうしたの?」

「婦人科で……。あの、糖尿病でも数値が安定してれば手術受けられますよね」

そこに採血した看護師さんが来た。

「あ、こっちで相談かい? うんうん、いっぱい聞くといいよ」

パソコンを駆使してサトウの数値を見る。

「そうだね、この数値は立派だよー。ずっとコントロールできてる」

「手術になったら先生たちの間でやり取りがあるから、大丈夫大丈夫」

「検査結果いつ分かるの? 28日? サトウさんの次の診察いつだっけ? あ、来年かー」


来年の1月5日、春の小川先生に婦人科でのことを言うことになった。


可愛いサンタさんがやってきた。お客さんの赤ちゃん~。
image

「可愛い~♡ 写真とってもいいですか?」

「いいですよ(笑)」

わざわざポーズまで。
赤ちゃん、にこーっと笑う。本当に可愛い。
image
そういやママもクリスマスカラーだ。



★かぼちゃシチュー、なます、バケット、松前漬け
生理鬱最高潮で、家族と一緒に食事ができなかった。部屋に持っていって一人で食べた。
image
いちおう、クリスマスっぽく。

妹夫婦が買ってくれたチョコケーキ。
image


★唐揚げ、けんちん汁、なます、納豆
焼肉のタレで漬けた唐揚げなので色が黒いが、とっても美味しかった。
image
次の日には漢方薬のせいか生理鬱が落ち着いたので、家族とご飯が食べれた。

image



 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

手術になるかも・2

22:52
エコー画面を見ながら
「……これは、もう……」

そのまま黙り、唸る先生。

「筋腫も。ここと、あとこれもそうだし、これも」

半年前は一個だったのに、増えたようだ。正確な数はわからないが。

「微かな出血があったと言っていたけど、大きくなった筋腫のせいですね。ここにある一部は筋腫分娩をおこしている。これが出血しているのでしょう」


※筋腫分娩
筋腫が大きくなって一部が体外に出ること

先生
「前回4.5cm? うーん…。計り方にもよるかもしれないけど、もう8cm超えちゃってる。10cmはある」

この発言はちょっと分からなかった。
筋腫のことなのか、卵巣を圧迫している水分のことなのか。

「あのね、8cm超えると子宮が捻れてしまうんだ」

子宮、卵巣など(内蔵?)がねじれてしまう病気ってなんですか?


「もうこのひとつをとっても、もうすでに手術対象です」

これは子宮全摘…そして右卵巣も摘出になるのかもしれん……。

先生
「前回も腫瘍検査してるね。よし、今回も血液検査しよう」


次の診察日は二週間後、検査結果が出る。それを見てから、と先生は言ったが、サトウが診察室を出る時にこっそり振り向いたら、先生は頭を抱えながら唸り、カルテに書き込んでいた。
「手術……うーん…どうするか……」


この異常な育ちっぷり。確かに悪性の可能性はゼロではない。
でもたぶん高い確率で悪性ではないと思う。
もし悪性だったとしても、半年前は大丈夫だったんだから、今回の場合は早期発見になるだろう。

そう思いたい。

その足で採血に行った。そして採血室は糖尿内科の真ん前、血を採ったあと、糖尿内科に行ってみた。




ところでサトウですが、いまちょっと生理鬱になっているようで、言葉が喉のところに詰まって出てきません。
幻聴らしきものも聞こえ、我ながら初めてのことでビビってます。
ホルモンのバランスを整える漢方薬を飲み始めたので今日は落ち着きましたが。

なので引き続きコメント欄は閉じて置きたいと思います。

生理は病気じゃない、と生理がない男性、酷くない女性はわからないかもしれませんが、というか以前は生理が軽かったサトウが、女性ばかりの職場だったために先輩がひどい生理で起き上がれなくなり病院に運び込まれて「生理って人によってはそんな怖いことになるのか」なんて思っていましたが、男性が下半身で運命を左右させられる場合があるように、女性も人によっては深刻です。


生理の女性を労る必要はありませんが(場合によってはセクハラになる時もあるから)、生理なんて病気じゃないだろ、なんて口にせず、(ああ、いま大変なのか)程度に心の中で思ってやってください。(>_<)

★担々風麻婆春雨、ほうれん草&バラ肉&玉ねぎ炒め、サラダ
image

★ロールキャベツグラタン、焼き鳥、あます、サラダ
image


ちっちゃいロールキャベツ二個。
image


★うどん
image

婦人科の先生に言われたことに衝撃を受け、しかもこのあたりから生理鬱になっていたようで、ちゃんとご飯を作らなくなってきた。

このうどんの日から3日くらい、ご飯を作れなかった。


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 
ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ