右卵巣の良性だけど大きな腫瘍①

22:06
年末、12月28日に婦人科の受診があって、右卵巣の腫瘍は悪性腫瘍ではなく良性という結果でした、なので手術は見送って、半年後にまた受診してください、と。

そのとき「腹に爆弾を抱えている」と言いましたが、年明けて1月、腰が痛くて痛くて、朝は平気なのに昼頃にはもう5分以上立っていられなくなり、しかもこの気圧の影響で腹も痛み(右卵巣部分)、職場の駐車場の雪かきをひとりで頑張ったことがトドメになったのか、もう医療用コルセットなしではいられなくなりました。

今考えてみると、サトウはよくちょこちょこ腰が痛い腰が痛いと言ってましたね。もう2年くらい前から。でも運動を休んだりすると腰痛がなくなったり和らいだりしていたので、やっぱり運動のし過ぎか、姿勢が悪いせいか、体が曲がっているせいか、と思ってました。

しかし確実に腰痛がひどくなってきて、実は夜の散歩、腰が痛くて家に帰れなくなり、道端に座りこむ、ということが増えてきて、それからというもの、車で公園へ行き、公園内を歩き、また車で帰る、ということをしていたのですよ。

本当に家に帰れなくなるかも、とびくびくしながら、ここ最近は、実は車で散歩に出かけていたのです。

とうとう日常生活に支障をきたし、年末に病院に行ったばかりだというのに、また病院へ。

整形外科
「若い頃激しい運動とかしてた? 骨盤離脱の所見が少しあるなー。あと背骨の一部分に骨粗鬆症が見られるね。ここ、一箇所だけ、少しだけど」

牛乳をコーヒーで飲もうと決めた。(←牛乳飲めない)

先生
「ここまで痛いとなると…こころ当たりある?」

サトウ
「……子宮に」

先生
「あ、本当だ。これは子宮の可能性もあるな。明日婦人科を受診してください。足のしびれもあるそうだから、しびれと痛み止めと胃の薬を出しますね。湿布は……効かないだろうし無駄だから処方しないね」

そして翌日、婦人科へ。来たばっかりなのに。

先生
「また腫瘍が大きくなってる。10.5cmはあるね」

一ヶ月も経ってないのに、0.5cmも大きくなりましたか。

先生
「これからどんどん育っていくな。整形外科の先生はなんて言ってた?」

説明する。

先生
「腰痛……もう整形外科に行くようじゃ駄目だな。MRIを撮ります。この病院じゃ手術はできないから、日赤病院に紹介という形になります」

総合病院ではあるものの、婦人科は産婦人科医院として独立し、数年前からは常勤医師も居なくなり、診察だけになっていた。

卵巣腫瘍と大きく育った筋腫の話をしたとき、春の小川先生が
「この病院では手術できないから、医大になるのかな」
と言っていて、ここから通うには遠すぎるので、サトウと妹は頭を悩ませていたのだ。

サトウ
「春の小川先生が、手術できないから医大かなって」

先生
「うん、悪性腫瘍だったら医大だけど、良性だから日赤だね。大丈夫、もう何人も日赤病院に紹介してるから。それにあそこだと、糖尿病患者の手術もできるし」

日赤病院は妹が巨大筋腫の手術のため子宮摘出をした病院だ。ここなら通える。



「ご飯マズイよ。ほんとマズイよ」

サトウ
「えっ。サトウが入院していた時は、ご飯がマズイって思ったことなかったけど。食べれるだけでありがたいとか思ってたけど」


「それは○○病院の食事がちゃんとしてたからだよ。日赤はひどかった。サトウのはちゃんとこう、トレイが二つに別れてて、そこに考えられたおかずが乗ってたじゃん。日赤、ソレないから」


実は小学生の時、盲腸の手術をしたことがある。
入院中、ご飯が口に合わなすぎて、ほとんど病院食を食べなかった。
まだ幼稚園児だった無邪気な妹がサトウの病院食を食べていた。
当時、重湯というものを食べた経験が皆無だったため、それが何なのか知らなくて、「なにこのボンド」と気持ち悪くて口に出来なかったというのもある。


この歩くのにも支障が出てきた酷い腰痛。実は寝ていても痛い。
いっそのこと、腫瘍が原因だといい。そしたら切除できる原因だから、解放される。

★シューマイ、ちくわ煮、大根サラダ、切り昆布煮、混ぜご飯
image


写真に撮らなかったけど、実は最近ご飯もちゃんと作らずサボっているため、昨日は煮ただけのおでんオンリーだった。
そのおでんの残った煮汁をちゃんと味付けし、混ぜご飯を作った。

想像以上に美味しかった。二合も炊いたのに、サトウが食う時はもう殆どなかったでござるよ…。
image
ていうか昼過ぎに炊いたのに夜にはもう殆ど無いってどういうことなの。

★豆乳パスタ。
これからは牛乳パスタにする。
image


整形外科から「とりあえず」ということで処方された薬。
image


★豚汁、茶碗蒸し、酢の物、小松菜おひたし
image


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

明日

22:30
MRIを受けてきます。

それから手術になると思います。

やっぱ手術しない、なんてことになったりしたらアレだが。

コメントレスは少々お待ち下さい。

健気に頑張る膵臓に罪悪感

01:28
気持ちが鬱な感じで、お正月中はほぼ料理せず。

ずっと布団の中だった。

唯一作ったお雑煮。
image


野菜も食べず、ずーっとオニギリだのパンだのお粥だの。
ちょっとやけになってて、炭水化物ばかり。
腰も痛いし、運動(散歩)も一切しなくなっていた。

体重も増え、今度こそ怒られるだろう、a1cも馬鹿増えしているだろう、と新年早々病院へ。

春の小川先生
「血圧は135、塩分ひかえてね。食後一時間血糖値は130、ちょっと高めかな、a1cは5.9、いいですよ~」

a1cが5.9……。あれほど炭水化物ばかりで運動もしなかったのに。もうやけになってたのに。
本人がやけになっていても、膵臓は薬とともに頑張ったのか。一生懸命働いてたのか。サトウは投げやりになって、もうどうでもいい、なんて思ったりしてたのに、健気に頑張ったのか。




そう思ったら「ごめんなさい……」と膵臓と薬に対して思い、本体(サトウ)が頑張らなくてどうする、少しずつでも軌道修正していかねば、運動頑張らねば、と本当に反省、まずはブログからちゃんと再開しよう、と今年最初のブログ更新をしたのであった。

散歩も始めなきゃ、一週間に二回くらいでもいいから、腰の調子がいい時、痛みが少ない時は散歩に行かなきゃ、二時間や三時間も歩かなくていい、一時間弱でいいから、と自分を律していこう――そんなふうに前向きになってきたとき、サトウを激しく凹ませる事態が発生した。


★鶏胸肉のトマトソース、小松菜おひたし、酢の物、野菜煮
image

サラダ代わりに野菜煮。
image


再開した散歩。久しぶりに見る月が綺麗だったので写真に撮った。
image

そういや猫が我家のベランダにやってきた。
わー写真写真!
とスマホを取りに行ってガラス越しに写真を取ろうとしたら、サトウを激しく警戒したのか、移動していたが。
image




病院に通いすぎて、もうお金が無いです。
生活保護受けたい。そしたら医療費タダだ……。

いつも楽天的だったサトウ、いまほんと疲弊してる……。
 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

母の検査結果

21:52
大腸がんの検査をして
「大腸がんの疑い①」

よーし、もう一回検査し直してみようか
「大腸がんの疑い②」


というわけで二回とも大腸がんかも、という結果だったので、精密検査をしました。

結果はありがたいことに大腸がんではありませんでした。

ほっと胸をなでおろす、妹とサトウ。
ただ母のお通じの感じが普通とは少し違うので、きっとなにかあるだろうと思っていたら、ポリープが一個みつかりました。

普通はそのまま切除してしまうのですが、母の場合はそうはいかず。

健康な母が眩暈で吐いたりよろけたりするようになり、病院に行ったら
「えっ、健康診断一回も受けたこと無いの? 駄目だなそれじゃ」
と急遽あちこち検査をすることになり、そしたら脳に軽度の脳梗塞を過去に起こしたことがあるという痕跡が見つかり、それ以来ずっと血液をさらさらにする薬を服用。

↑この薬を飲んでいると、ポリープを切除できないそうです。

「主治医の先生と相談して、もしこの薬を一時中断してもいいなら、その時はポリープを切除しましょう」

そういうわけで母は今週中には主治医の先生と相談し、来月また大腸の診察を受けることになりました。

母「えー、あらためてポリープを取るってことは、またあのマズイお粥(病院処方のレトルト)とか食べんの。この寒いのに下剤二リットルも飲むの。えー」

何にせよ良かった良かった、ということで、母・妹・サトウの三人で、検査から帰ってきてそのまま乾杯ケーキ。
image



なんかなにもかもがめでたしめでたし、な感じですが、実はまた新たにサトウに問題が出てきてしまいました。

なんなのこの最近の病オンパレード。

いつになったら平穏な日々が戻ってくるのか。
今日も病院、明日も病院。

雪がすごいですが、この気圧のせいなのか、体調も悪く、腹が痛いです。右卵巣の水が気圧に反応している…のかもしれない。
いまもズキズキ痛い。

お雑煮。
土曜日は仕事が終わったあと具合が悪くて動けなくなり、母が晩御飯を作ってくれた。
image


こっちはまだちょっと元気があった時に友人が
「残業の合間に牡蠣鍋食いに来たよー」
と写真を送ってくれて、それがすごく羨ましかったので、真似して自宅で作ってみた牡蠣鍋。
味付けは出汁と塩。
image


牡蠣鍋っつったら酒だよな! とカクテルも作ってみた。
スプリッツアー。
image

〆は雑炊。
image



やっぱり手術になるかもしれません。
ならないといいけど、もう無理かもしれない。動けなくなるようじゃ。

それともなにか劇的に効く薬とか、現代医学だったらあるのかな。あるといいけど。

それにしてもお腹痛い…。



 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

明けましておめでとうございます

21:48
サトウです。
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

ホルモンバランスが崩れて更年期鬱? みたいな症状にやられ、最近ろくにご飯を作らなくなってしまいました。

まだ年賀状出してないし…。ていうか作ってないし。

なにもする気が起きなくて、しかもぐっすり寝れず、常に眠い。
ブログを更新する気力もなかったのですが、周囲から「無理して更新しなくてもいいさ」と言われ、ちょっと気が楽になったので、新年のご挨拶くらい…と思い。

生理を止めると女性ホルモンが出なくて、更年期鬱。
普通に生理が来るようにすれば筋腫が更に大きくなる&増殖。

どっちに転んでもつんでる。

散歩も出来なくてアレでしたが、お正月だけはなんとか頑張ろう、と思って頑張りました。

おせち。
image


いま自分がどういう心理状態なのか…まあおいおい…。



今週金曜日は、母の大腸がん精密検査です。
気が重い。
本人が一番気が重いだろうに。

筋腫が大きくなってもいいから、手術になってもいいから、ちゃんと生理が来るよう薬を飲もうかな。
しんどすぎる。

ていうか女性ホルモンが極端に少なくなって苦しんでいる、というのを聞くと「ふ~ん、ホルモンってそんなに体調や精神に不調を生むんだ?  まあ私には無縁な話だけど大変だなあ」なんてめっちゃ他人事でしたが、まさか自分がここでこんなに苦しむことになるとは。

腰も痛いです。最初は姿勢のせいかと思っていたけど、立っている時に意味もなく痛み出したり。ひょっとしてこれ、右卵巣のせいなのか…?

あー、なんかもう、すっきりしたい。

もうちょっといつもの楽天的なブログになるには時間がかかるかもしれませんが、少しずつ気持ちを盛り上げて頑張ろうと思います。

そういえば男性にも「更年期」があるそうです。
更年期って早い人だと25歳から始まるとか。場合によっては○○歳から、はあんまり関係ないのか。結局は「ホルモン分泌が少なくなった」ってことだし。

右卵巣を圧迫し腫らしている大きな水の塊、腰椎穿刺みたいに針で排出できないのかなあ…。

ちなみにサトウの場合、補うためのホルモン注射はできません。
筋腫が更に悪化するから。
もう体外に出ちゃってるほどの筋腫、このまま半年もほっといていいんだろうか…。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 
ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ