婦人病とのつきあい

13:33

婦人科との付き合いはちょっと長い。

目の見え方がチカチカするから眼科に行くことになり、病院に婦人科もあるから、あまりにもひどい生理を診てもらうべき、と埼玉子と看護師の友人に言われ、しぶしぶ予約。

「どっちを先に受けますか」

と言われ、できれば婦人科受けたくないから

「眼科を先にお願いします」


ここで糖尿が発見され、数値がかなりヤバイので明日にも入院です(血糖値400、a1c11.0)、と言われ、婦人科どころでなくなってしまい、受診時間が終りに近いためもあって、眼科の看護師さんが婦人科をキャンセルしたのだ。


あとは糖尿病が大変で自分でも受け入れるのがいっぱいいっぱいで、婦人科なんてどうでもよくなってしまった。

これを思い起こすと、婦人科の病は糖尿病とおなじくらいの長さの付き合いということになる。


それ以来ずっと放置していたが、検診を一度もうけたことがないということで、しかも相変わらずの非常識な出血っぷり、貧血の症状のせいで、諦めて受けることにした。

受診してよかった。

腰がまだ大丈夫だったときに作った晩御飯
★けんちん汁、鶏の唐揚げ、納豆、あます
唐揚げ粉ではなく、焼肉のタレで漬けたので、焼き上がりが黒い。
見た目はアレだが美味かった。
image

エリスリトール入れてみた。美味かった。
image

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

最後まで出席した

09:10
伯父の葬儀はいい式だった。自分のことより人のこと、な伯父は皆に好かれ、棺の中に手紙がたくさん入れられた。みんな泣いていた、80歳の往生だったのに。

伯父といろいろあった長男が喪主挨拶で
「学生の時、『尊敬している人は両親だと言うとポイント高いぞ』と父に言われ、面接などことあるごとに『尊敬している人は両親』と言ってきた。いま聞かれたら本心から『両親』と答えたい」

胸に響く挨拶だった。


手術前に作った晩御飯。
★カジキマグロのソテー、厚焼き玉子、小松菜のおひたし、サラダ
image


大根のこの切り方にハマる。
シャキシャキして食感が美味しい。
image

葬儀・火葬・納骨・精進落しまで、全部出席してきた。腰がすこーしだけつらかったが、思ったほどでもない。

たまにふらつくのは、運動能力の低下と体幹の無さ(←もともと)

今日はほんの少しだが2、3分ほど散歩してみようかな、なんて思っている。


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 


今日葬儀、その後火葬

10:23
昨日通夜に出て、今日は葬儀。

火葬にはどうかな、出れるかな? うーん。

妹と相談し、火葬場に行く人が少ない場合は行くか、ということになった。

伯父の死は親近者のみに告げられ、新聞のお悔やみ欄にも載せなかったらしい。

でもお通夜で式場に出されていた椅子は全て埋まり、足りないくらいだったから、火葬場参加者も多いかも。

起きているのがつらくなったら寝ればいいさ。座敷だし。

腰の痛みは昨日から感じず。ようやく内蔵の場所が落ち着いてきた?
右下腹は相変わらず鈍い痛みがある。今日は少しだけ、滲むくらいだが出血した。

でも体が軽い。これは良くなってきている(確信)


手術前に作ったカツサンド
★カツサンド、サラダ、小松菜のおひたし
image
カツサンドに小松菜のおひたしという、我ながら不思議メニュー。

サトウ天才じゃなかろうか、と思うくらいカツサンド美味しかった。

天才じゃなかろうか。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

お通夜

10:32

実家の仕事をひとりでやる、大丈夫、と言ったのだが、家族会議で却下の運びとなった。

相変わらず右下腹は痛い。

今日納棺、お通夜なのだが、母や妹たちが出席し、サトウはお通夜から出席することに。

今日もおにぎりを大量に作って斎場に持っていった。
伯父さんのためになにか出来るのが嬉しい。

これも入院前につくっていたやつ。
長時間立っていられなかったから、一つの鍋でできるような料理ばかり作っていた。
image

冬場、鍋は本当にいい。野菜がいっぱい取れるし、暖かいからお腹が膨れるし、体が温まる。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

今度は伯母が入院

20:51
痴呆の伯母には理解できないだろうと、伯父が亡くなったことは誰も告げていなかったそうだが、警察官や鑑識が出入りしたので、理解できないなりに察したのではないか、ということだった。

伯母の介護は伯父が中心になってやっていた。

察したらしい? 伯母は容態が急激に悪化し、伯父が最後に運ばれた病院に今日入院することに。

最初は病院に拒まれたらしいのだが、家に出入りしていた看護師さんが「このままでは危険、とても自宅療養できる状態ではない」と一報してくれたらしく、急遽入院の運びになった。

ちなみに伯父は亡くなってから一度も自宅には運ばれず、斎場の安置室で葬儀を待っている。
痴呆で体も弱い伯母に、伯父の死は耐えられないだろう、との配慮だったのだが。


やむにやまれぬ事情があり、私は29日に実家の仕事をやる予定。葬儀に出席する家族をバックアップすることになった。

★煮物の鍋、鯖、カブの酢漬け、サラダ
image


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 
ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ