腰痛

21:04
症状が似ていたため脊柱管狭窄ではないかと疑っていたが、MRIでそれは否定された。

じゃあなんなの、ということで、乏しい知識で疑ったのが、
仙腸関節症候群
椎間関節症候群
糖尿病が原因の腰痛http://igot-it.com/youtu-tounyoubyou-4816.html

セカンドオピニオンを視野に入れ、ブロック注射も視野に入れ、紹介状を書いてもらうことも考えて、しばらくは先生の言う通り、痛み止めを飲み続けることから始めた。
先生はひどい神経痛を疑っている。そこに坐骨神経痛も加わっているのではないかと。

サトウは腰痛からお尻とか太腿とかが痺れたり痛んだりすると思っているが。
まあ分からない。

糖尿病が原因の腰痛なのではとも訴えてみたが、糖尿内科のカルテと処方されている薬を見て先生は
「ここまでひどい腰痛を発症するほどの状態ではないみたいだから、違うと思います」

糖尿病患者に多い、脂質異常症(高脂血症)が原因で血管が詰まり、血が腰に回りづらくなる、腰版心筋梗塞みたいなアレかと、それも疑ったのだが、コルステロール値が高いサトウはすでに小川先生の采配でその薬を飲んでいて、それは考えにくい、と。

かならず治る時が来る、という薬剤師さんの言葉を胸に薬を飲む。
駄目な時は違う病院でブロック注射を御見舞してもらおう。



横浜子
「もう考えてると思うけど、痛みを無くす方向を第一に方針を決めた方がいいんでね」
 
そうな。それな。

友人うりゃ
「新しいお薬の名前は、なに?」

サトウ
「前回痛み止めとビタミンが効かなかったから、でも頭がぼんやりする薬だと仕事ができないから、あまり強くないやつから試そう、って。 リリカcap25mg ってやつ。これを一週間試してみてと。食欲全然ないんだけど、食わなきゃいけないし、さっそく飲んでくるお。この不安だらけで眠れない精神状態にも効くことを祈る」

うりゃ
「なるほど。神経の痛みに効くリリカ。効くといいな。 でもなんで精神安定剤が出ないんだろう。その状態なら軽いヤツでもよく効くと思うがなあ」

サトウ
「出そうかどうかちょっと悩んだ感じだった。このリリカっての「全般性不安障害」にも効くんだって(ネット情報) そして晩御飯食べた。食欲ないとかいいつつモリモリ。 なんだよ俺元気じゃねえかよ」

翌日↓

いろんなことに詳しいうりゃ
「あ、そうだ、うっすら聞いたことあったけど、抗うつ効果があるんだった」

サトウ
「そうなんか。なんか昨夜から飲み始めたが、腰が痛くてよく眠れず、なんどか起きたものの、昨日抱えてた不安とかがまるでなくなってた。薬すごいな。 ただ痛みは全然解消されずorz」

うりゃ
「うーむ。ま、一週間様子をみようか」


★辛味カレイ、ほうれん草の煮浸し、さやえんどう、おにぎり
image

「なんですかコレ、サトウさん……」

そんな声が聞こえてくる。うん、分かってるよ、本人が「なんだこりゃ」って思うくらいだから…。

グリルで焼いたらぼろぼろになりそうで、フライパンで焼いたら、やっぱりぼろぼろになったのであった。
image



★レタス&しめじの肉巻き、ほうれん草&オニオン&トマトのマリネ、さやえんどう、焼きおにぎり
image

手前がしめじ、後ろ二つがレタス。んまい。
image

ほうれん草でマリネとか初めて作ってみた。
image
ほうれん草はアレだな、マリネには、やっぱりあまり合わないな…。

 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

結果出た

18:40
結果から言うと、狭窄症ではありませんでした。

なので原因不明。
先生が言うには精神的なものではないか、と。

強いストレスのせいで血管が収縮し、神経に血液が行き渡らず、酸欠状態になって痛むのでは。

確かに夜眠れないけど、でも不眠前から痛いし、そもそも痛いから眠れないわけだし。

「ロキソニンは効かなかったんだよね、あと神経に働きかけるビタミンも効かなかったと。――痛み止め変えてみるか」

「……体にあった痛み止めを探すっていうことですか?」

「そうだね」


一生痛み止め飲まないといけないんだろうか? そう薬剤師さんに相談したら、
「狭窄症じゃないなら必ず治る時が来ます!」
と励まされた。

でも痛み止めでは根本的な解決にならないのでは。原因も結局分からないし。


いろいろ複雑な病気をしたことがある埼玉子。
「そういや、ブロック注射は血流量を増やすためにやってたのだ!」
「痛み治療大事!!!」
「あうくすりが見つかるまでがんばろう!!」
「痛みってほんと難しくて、コントロールできたら、いつの間にか痛まないとかやねん。ふしぎねー!」
「それと、他の理由があると困るから、やっぱりそこで痛みの治療をしつつ、セカンドオピニオンを求めるべきかも」


セカンドオピニオンを視野に入れつつ、とりあえず今日もらってきた痛み止めを一週間服用してみる。


ストレスでここまで……立っているのもつらいほど痛まないと思うんだが。でも自分は素人だから、病のことは分からない。

とにかく、薬を飲んでみる。

そしてブロック注射とセカンドオピニオンを視野に入れる。
http://kakaku.com/tv/search/keyword=JCHO%E4%BB%99%E5%8F%B0%E7%97%85%E9%99%A2/

http://www.spinalcare.jp/contents/symptom/ashinosibre/nf05.html



 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

健気に頑張る膵臓に罪悪感

01:28
気持ちが鬱な感じで、お正月中はほぼ料理せず。

ずっと布団の中だった。

唯一作ったお雑煮。
image


野菜も食べず、ずーっとオニギリだのパンだのお粥だの。
ちょっとやけになってて、炭水化物ばかり。
腰も痛いし、運動(散歩)も一切しなくなっていた。

体重も増え、今度こそ怒られるだろう、a1cも馬鹿増えしているだろう、と新年早々病院へ。

春の小川先生
「血圧は135、塩分ひかえてね。食後一時間血糖値は130、ちょっと高めかな、a1cは5.9、いいですよ~」

a1cが5.9……。あれほど炭水化物ばかりで運動もしなかったのに。もうやけになってたのに。
本人がやけになっていても、膵臓は薬とともに頑張ったのか。一生懸命働いてたのか。サトウは投げやりになって、もうどうでもいい、なんて思ったりしてたのに、健気に頑張ったのか。




そう思ったら「ごめんなさい……」と膵臓と薬に対して思い、本体(サトウ)が頑張らなくてどうする、少しずつでも軌道修正していかねば、運動頑張らねば、と本当に反省、まずはブログからちゃんと再開しよう、と今年最初のブログ更新をしたのであった。

散歩も始めなきゃ、一週間に二回くらいでもいいから、腰の調子がいい時、痛みが少ない時は散歩に行かなきゃ、二時間や三時間も歩かなくていい、一時間弱でいいから、と自分を律していこう――そんなふうに前向きになってきたとき、サトウを激しく凹ませる事態が発生した。


★鶏胸肉のトマトソース、小松菜おひたし、酢の物、野菜煮
image

サラダ代わりに野菜煮。
image


再開した散歩。久しぶりに見る月が綺麗だったので写真に撮った。
image

そういや猫が我家のベランダにやってきた。
わー写真写真!
とスマホを取りに行ってガラス越しに写真を取ろうとしたら、サトウを激しく警戒したのか、移動していたが。
image




病院に通いすぎて、もうお金が無いです。
生活保護受けたい。そしたら医療費タダだ……。

いつも楽天的だったサトウ、いまほんと疲弊してる……。
 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

母の検査結果

21:52
大腸がんの検査をして
「大腸がんの疑い①」

よーし、もう一回検査し直してみようか
「大腸がんの疑い②」


というわけで二回とも大腸がんかも、という結果だったので、精密検査をしました。

結果はありがたいことに大腸がんではありませんでした。

ほっと胸をなでおろす、妹とサトウ。
ただ母のお通じの感じが普通とは少し違うので、きっとなにかあるだろうと思っていたら、ポリープが一個みつかりました。

普通はそのまま切除してしまうのですが、母の場合はそうはいかず。

健康な母が眩暈で吐いたりよろけたりするようになり、病院に行ったら
「えっ、健康診断一回も受けたこと無いの? 駄目だなそれじゃ」
と急遽あちこち検査をすることになり、そしたら脳に軽度の脳梗塞を過去に起こしたことがあるという痕跡が見つかり、それ以来ずっと血液をさらさらにする薬を服用。

↑この薬を飲んでいると、ポリープを切除できないそうです。

「主治医の先生と相談して、もしこの薬を一時中断してもいいなら、その時はポリープを切除しましょう」

そういうわけで母は今週中には主治医の先生と相談し、来月また大腸の診察を受けることになりました。

母「えー、あらためてポリープを取るってことは、またあのマズイお粥(病院処方のレトルト)とか食べんの。この寒いのに下剤二リットルも飲むの。えー」

何にせよ良かった良かった、ということで、母・妹・サトウの三人で、検査から帰ってきてそのまま乾杯ケーキ。
image



なんかなにもかもがめでたしめでたし、な感じですが、実はまた新たにサトウに問題が出てきてしまいました。

なんなのこの最近の病オンパレード。

いつになったら平穏な日々が戻ってくるのか。
今日も病院、明日も病院。

雪がすごいですが、この気圧のせいなのか、体調も悪く、腹が痛いです。右卵巣の水が気圧に反応している…のかもしれない。
いまもズキズキ痛い。

お雑煮。
土曜日は仕事が終わったあと具合が悪くて動けなくなり、母が晩御飯を作ってくれた。
image


こっちはまだちょっと元気があった時に友人が
「残業の合間に牡蠣鍋食いに来たよー」
と写真を送ってくれて、それがすごく羨ましかったので、真似して自宅で作ってみた牡蠣鍋。
味付けは出汁と塩。
image


牡蠣鍋っつったら酒だよな! とカクテルも作ってみた。
スプリッツアー。
image

〆は雑炊。
image



やっぱり手術になるかもしれません。
ならないといいけど、もう無理かもしれない。動けなくなるようじゃ。

それともなにか劇的に効く薬とか、現代医学だったらあるのかな。あるといいけど。

それにしてもお腹痛い…。



 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 

取り急ぎご報告

00:48
腫瘍マーカーが陰性でした。

細胞も取って調べたのですが、そちらも陰性でした。

相変わらず筋腫も卵巣を圧迫している水も大きくて、腹が時々痛い、と言ったら
「そりゃあ、こんだけ大きかったらね……」
と言われたのですが、先生としてはやっぱ手術となると摘出になってしまうので、今回めでたく腫瘍じゃないと判明したことだし
「半年でこれだけ大きくなってしまったけど、もう半年様子をみてみよう」
と。

ただ痛みが強くなったり、大きな不正出血があったりしたら、即病院。

手術から、逃れられたような、逃れられていないような…。
薬では治らないので、薬なし。

ホルモンのバランスを少しずつ修正してくれる漢方薬を一ヶ月分だけもらってきました。


筋腫の手術をした友人が、手術に踏み切ったときに言ったセリフが脳内を横切る。

「腹に爆弾を抱えてる」



今日が仕事納めだったこともあり、ストレスから一時的に開放されて、生理鬱も本格的に収まったようです。

なんかもう、当分ホルモンのこととか生理のこととか子宮のこととか考えたくねえや。


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 
ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ