糖尿内科の病院でした①

15:25
連日病院。

眼科と内科の定期通院でした。
あと婦人科の貧血検査。

サトウはちょっと重めの糖尿患者なので、糖尿病が分かってから一年間は二週間に一度(新薬を使っていたから)の通院、それ以降は毎月必ず通院し、血液検査、尿検査を行っている。


今回も家で採尿し、病院に行った。


サトウ
「あ゛っっ!?」

看護師さん
「どうしました?」

サトウ
「忘れました……バッグに入ってナイ……」

看護師さん
「えっ、なにが?」

ここまで読んだら、もうお察しのことだろう。

尿を忘れた。


サトウ
「今すぐ家に戻って持ってきます!」

看護師さん
「いやいや待って、待って佐藤さん! いいから、わざわざ戻らなくてもいいから!」

ここで取り直せばいいから、と新たなキットをくれた。

サトウ
「……でも…出ないかも……」

看護師さん
「あはははは。あそこにある給水所で水でも飲んで(笑) 検査はほんの少しで十分だから」

水をがぶ飲みし、血液検査もしてからトイレへ。

まあ出なかったんですがね。


ほんの少しだけで提出したら、「もう一回取り直して」と言われるかと思ったけど、大丈夫だった。
あんな少しでも大丈夫なのか……。

それにしても痛恨のミスだった。



★イカのマヨ焼き、茄子&ピーマンの麻婆、サラダ、お吸い物
image

戴き物の、松茸のお吸い物。暑かったから、いつもより多めの塩分を汁物で摂る。
image
  
イカ&ブロッコリーにカロリーカットのマヨネーズ、減塩醤油。簡単んまい。
image

香味ご飯。
大葉、みょうが、白ゴマ、粉末鰹節を炊きたてご飯に混ぜ混ぜ。
えらい美味かった。夏場に合う。
image


★スープカレー、サラダ
夏野菜のスープカレー。スープカレーならば薄めればカロリー&脂肪分を減らせるかな、と。
image


たいへん美味しく出来たので、次はもっともっとスープっぽく、サラサラに作ろう。
ちなみに普通のルーでスープカレーを作り「何かが足りない…」と思った時は、100%塩分です。
塩分を足せば普通のルーでスープカレーは作れる。もちろん減塩で。
image

ダイエットというと「甘いもの制限」というイメージがあるが、実は塩分も制限しないと体重は落ちない。


……と、「体重1kg増えたー。しかも落ちないー」と言っている私が、自分を棚に上げて偉そうに言ってみる。

日本食研の焼き肉のたれ「いろどり」、無くなってしまって店頭で探したのだが、無かったのでネットでそろそろ買わねば。




ハロウィ~ン

21:04
だって Happy Halloween  悪戯しちゃうぞ ding-dong-dang
あっちもこっちも trick or treat  キャンディーはくれないの?
だ って Happy Halloween  幼気(いたいけ)なランタンパンプキン
疲れたジ ャ ックも踊るよ 朝まで ~♪



ハロウィンでしたね!
おばさん佐藤にはまったく全然関係ないお祭りですが。

若者のお祭りもいいけど、本家みたいに小さい子たちがお菓子をもらいに来てくれるといいな~。
クッキーやらチョコやら作って、子供たちに配りたい。

↑これをしたいがために、札幌に住みたいくらいです。(札幌にはこういうお祭りがある)


友人が作ったハロウィン弁当がすごい。
CSn5V8OU8AAxR4I


埼玉子、なぜそんなに器用なのだ。
CSn5WoJUEAAVSUy
オバケの顔が大変可愛くて…(*´∀`*)ポッ

なんという幸せものだろう、埼玉子息子くんは。

ちなみに佐藤の母が作ってくれた弁当は、ご飯、苺ずらり、キウィずらり(←おかず)という大変個性的なものでした。いや普通のお弁当の時もあったけど。


散歩。
満月先輩、チーッス!
image

妹が買ってくれた、ハロウィンケーキ。朝ごはんにした。
可愛いな~。
image


「母はどのケーキ食べる?」
「うーんと、このパンダ!」
359937_615
シャトレーゼ
……黒猫ですが?

満月じゃない先輩、チーッス!
image
痩せないので、更に歩く距離を増やす。いま7.2kg歩いている。

★酢豚、大根&油揚げ煮、サラダ
image
夜の厳しい食事制限は、やっぱりやりたくない。だって夜中にお腹減ったらつらい。
反動で夜食を食ってしまうかもしれない。それだけは避けたい。

★鶏胸肉焼き、もやし炒め、サラダ
鶏胸肉焼き→なにで味付けしたっけ? うーん? 片栗粉を表面に薄っすら付けて焼いた。ポン酢を加工したんだっけかな?
image

ズッキーニ・小松菜・玉子マヨ
image

トマト、サラダに入れようかと思ったのだが、胸肉のほうにかけたほうが豪華に見えて、見ることで食べることへの満足感が増えるかな、と思ってこっちに乗せた。




ところでまるっと話が変わりますが。

冬コミ受かりました。一日目。

地獄の原稿が始まったので、更新が遅れるかもしれません。
でも出来るだけ写真upしたい。

ブログに食べたものの写真を載せることは、佐藤にとって食欲の箍が外れないようにする、治療の一環なのであった。


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 


体幹トレーニングなんて超余裕2

13:13
まずは無理せず、簡単なものからやってみよう、とこちらのサイトを参照にした。
SURF&SNOW
 
このサイトの、トレーニング1、トレーニング3、トレーニング4をやってみた。

うむ、これは余裕だな。

「よし、次行ってみよー」



次に参照にしたサイトはこちら。
体幹トレーニング・ダイエット
体幹を鍛えて痩せやすく太りにくい体を手に入れられそうな方法のまとめです。


期待。ワクワク。


有名なやつ。『フライングドッグ』
5
出典img.allabout.co.jp

右側、出来た。
なんだ、これも余裕だなフフフ、と反対側をやってみた。




あ、あれ? で、できない? そんな馬鹿な。

なんと一秒すら出来ず。グラグラして支えられず、一瞬で崩れる。
なんで片側だけ……左側の体幹が弱いということ?

何回やっても出来ない。まったく出来ない。一秒以上維持できるのを目指にしてみたが、まったく出来なかった。




ショルダーブリッジ、『スタンダード』
1
出典img.allabout.co.jp

腰を上げ下げする。これは余裕だろう。寝てやるやつだし。



うっ……、け、結構き、きつい? ちょっと息を止めないと出来ない。息を止めてなんて、意味ないやんけ。

「うぐっ、うぐっ」と言いながら、三回くらいやってみた。(←一度に無理しちゃいけないから)

ヤバイ、こんな簡単そうなものも結構しんどいとは。
誰だ、「余裕」なんて言ったやつは。私か。




プランク、『フロント・ポジション』
2
出典img.allabout.co.jp

これは大変そうで実は簡単なのでは。だって腕立て伏せとは違うし。
肘を付いたままでいいし。




んぎゃああああああああああ!!
ぐぐぐぐぐるしいぃぃぃぃぃぃぃ!!




ゼイゼイ言いながら、二回で止めた。とても片足を上げることなど出来なかった。
これほどまでにしんどいとは。苦しいとは。つらいとは。


敗北感がじわじわと襲う。
このままでいいのか佐藤。なんかないか、スキッと出来るやつが。





『ニートゥーエルボー』

……これ、難しそう……。



あっ、出来た。しかもこれは簡単に出来た。

ほっ。ε-(´∀`*)



どちらにしろ、挑んだ体幹に敗北したのは間違いない。
「病気になってから運動を始めて、ちょっとは筋肉ついただろう」と思っていた佐藤、インナーマッスルに大敗退。


なんか二回~三回くらいしかやってないが、すっかり気持ちが折れて、この日はこれ以上運動はしなかった。
エアロバイクも散歩もやめた。





翌日、妹に報告。

佐藤
「こうやってやるやつ。ほら、有名な」

そう言って『フライング・ドッグ』をやってみせる。

「これ、右側はできたんだけど、左側がまったく出来なくて」

そう言って左側をやってみせようとしたら――
佐藤
「うわっ、痛え!」

右側は痛まず再現出来たのに、左側は痛みが走った。


「なに、筋肉痛?」

佐藤
「えええ? あれくらいで?」

もう一回やってみた。痛い。

佐藤
「うーむ、気付かなかった。ちょっと痛いね。でも筋肉痛という程では――」










翌日、体が動かないほどの痛みが腹部に。特に左側と下腹部を中心に、今まで経験したことが無いほどの強い痛みがあり、朝は起き上がるのもつらくなっていた。

体の中心のため、車の乗り降り、体を少し動かすだけでも強い痛みが襲い、咳すら出来ない。歩くのもつらい。



仕事以外はほぼ寝たきりになった。
当然運動など出来ず、この体幹トレーニングをやったのは月曜日だったのだが、ようやく食後の運動(散歩)を再会出来たのは、土曜日だった。

これほどまでに体が痛くて寝付いたのは、ぎっくり腰をやっちまった時以来か。
もっともぎっくり腰の時は寝ていることすらつらくて地獄だったが。

一番体にダメージを与えたのは、というかこの強い痛みの元は、たぶんプランク、『フロント・ポジション』。
あれ、本当につらかった。




「急に無理してやるから……」

佐藤
「二回しかやってねえよ!!
(厃Д厃)」




威張るところではない。



★イカと玉ねぎのマヨネーズしょう油焼き、ほうれん草胡麻和え、付け合せ、大根サラダ
大根サラダ→人参、イクラ、コーン
image

味付けは上にマヨネーズ、そしてしょう油をふりかけて焼いただけ。
禿うま
image

鳥のささ身とワカメを、人工甘味料と梅肉と酢とマヨネーズ少しで和えた。
image
美味しいですモグモグ。


★シューマイ、鶏の唐揚げ、大根味噌、サラダ
image


★豚ロース味噌漬け、きのこホイル焼き、玉ねぎ炒め、サラダ、付け合せ
image

ロース味噌漬け。美味いが、なにぶん、薄い(厚さが)
image


物足りない(´・ω・`)となるのがわかっていたので、きのこホイル焼き。
image


★焼き魚、伊達巻き卵、付け合せ、白和え、サラダ
image


なんの魚の照り焼きだったかな~? 忘れてもうた。
image


 にほんブログ村    人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 



佐藤です

23:40
伯父が亡くなった。

糖尿病だったそうだ。祖父も糖尿病だった。
伯父はテレビを観たまま亡くなったらしい。成人した孫(社会人)と一緒に暮らしていたのだが、午後三時にガス会社の伝票を受け取り、その後居間で横になってテレビを観ていて、そのまま帰らぬ人になった。

近くに住んでいた息子の子供(まだ中学生)、ようするに孫の一人がいつものように
「じいちゃ~ん」
と様子を見てきて、様子が変だと父に言いに行き、息子が駆けつけた時にはもう既に死後硬直が始まっていたそうだ。


硬直が始まっているのに、救急車要請をしたとき、「それでも心肺蘇生して!」と言われ、その時を振り返り、息子は

「いやあ、つらかったよ」

と言っていた。



救急車の中で亡くなったわけでもなく、病院でなくなったわけでもないので、救急車は到着したものの搬送はされず警察が呼ばれ、家族は外に出されて検死が行われた。

死因は特定できず病院に運ばれ、血液検査とCTが撮られた。




出された死因は「心筋梗塞」(とりあえず)


佐藤
「Σ(゚д゚;)とりあえず!?」

息子
「そう、とりあえず」



結局よく分からなかった、ということか。


しかし誰もが「幸せな死に方だね」と通夜の席でも葬儀の席でも言っていた。
まさに眠るようだったらしい。本人もよくわからないうちに亡くなったのでは。

子供たちと遊ぶことが大好きな、ちょいワルおやじっぽい伯父だった。
佐藤も小さい時よく遊んでもらった。悪い遊びは大体この叔父に教わった(笑)

こんな人生の終焉もいいな~、とそんなことを思った。
てか、誰もが思ったことだろう。


そして叔父の葬儀が終わり、次の日は佐藤の父の一周忌だ。

お墓参りや新しい卒塔婆を持って行ったりして、妹一家と食事をして、簡単に終わらせた。


その帰り、みんなでニトリに寄って、新しいランチョンマットを買ってきた。




晩御飯
★茄子のミートソースグラタン風、酢の物、インゲン胡麻和え、サラダ

漬物みたいなのは、セロリとトマト。
image


茄子は茹でて食べやすい大きさに切り、ミートソースを薄めに伸ばして掛けて、スライスチーズ半分。
image


前回の記事の血糖値をグングン下げる新常識を参考にし、さっそく春雨抜きの酢物を作った。
image


同じく、血糖値をグングン下げる新常識を参考にして、さっそく豆乳入りの味噌汁。
なんかマイルドな感じ。
image

そして写真じゃわかりにくいが、味噌汁の器を変えた。
今までの標準サイズではなく、販売している中で一番ちっちゃいのにした。

前のに比べると、かなりちっさめ。
でもいっぱい入っているような錯覚を覚え、とっても満足した。


雨で外に出れず。
散歩を諦め、エアロバイク。二十年ぶりか、これ使うの。

無事に動いてよかったが、十回漕いだだけで、太腿疲労。
どんだけ衰えてるんだ、運動不足も甚だしいぜ。


なんとか3キロ分走った。洗濯物を干すとき、スクワットもどきをしていたが、全然だめだったのだな。
これはまず散歩より、エアロバイクで太腿を鍛えんと。

実は太腿は体の中で一番筋肉が集中していて、ここを鍛えると新陳代謝が上がり、どの場所を鍛えるよりも効率よくダイエット出来る。



今週は病院がある日だ。
血液検査と尿検査と血圧測定と眼底検査。


今月はお盆と一周忌と通夜・葬儀、甥・姪の帰省、友人達の帰省が重なりまくり、外食が多かった。すごく多かった。

数値が心配だ。

とりあえず、体重は増えてないが。

 にほんブログ村  人気ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ 
ギャラリー
  • 御飯なう
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 帰国
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
  • 温めてみようか
プロフィール

佐藤

  • ライブドアブログ